GJ > 競馬ニュース > イクイノックス「現役世界最強」評価も3歳世代に物足りなさ…シルクレーシングの「負のジンクス」発動でクラシックに黄信号!?
NEW

イクイノックス「現役世界最強」評価も3歳世代に物足りなさ…シルクレーシングの「負のジンクス」発動でクラシックに黄信号!?

【この記事のキーワード】, ,
イクイノックス「現役世界最強」評価も3歳世代に物足りなさ…シルクレーシングの「負のジンクス」発動でクラシックに黄信号!?の画像1
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

 昨年末の有馬記念(G1)で圧勝を飾り、先日には2022年度の年度代表馬に選ばれたイクイノックス。記者投票288票中282票(得票率97.9%)を獲得する文句なしの受賞で、多くの関係者やファンに国内最強を印象付けた。

 そんなイクイノックスに対し、世界の競馬関係者も高い評価をつけたようだ。

 17日に国際競馬統括機関連盟(IFHA)が発表した「22年ロンジンワールドベストレースホースランキング」によると、米国のフライトライン(140ポンド)や英国のバーイード(135ポンド)に続き世界3位にランクイン。126ポンドで豪州のネイチャーストリップとタイだったものの、上位2頭はすでに引退しているため、現役馬の中では世界最高評価を得たことになる。

 イクイノックスは明け4歳で、今後の活躍を大いに期待できる存在だ。所有するシルクレーシングにとっても、今年は安泰といったところだろうか。

 だが、そんなシルクレーシングにも気がかりな点がないわけではない。古馬には絶対的エースとなるイクイノックスがいるものの、3歳世代には現時点でクラシック候補と呼べるような大物がいない状況なのだ。

「負のジンクス」発動でクラシックに黄信号!?

イクイノックス「現役世界最強」評価も3歳世代に物足りなさ…シルクレーシングの「負のジンクス」発動でクラシックに黄信号!?の画像2
サリオス

 3年前の朝日杯フューチュリティS(G1)を制したサリオスや、2年前の東京スポーツ杯2歳S(G2)を勝ったイクイノックスのように、近年は2歳時からクラシック候補に恵まれてきたシルクレーシング。上記2頭はいずれも皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)で2着に敗れたが、早くから世代を代表する存在だった。

 しかし、現3歳世代についてはどうだろう。昨年は重賞勝ちどころか、3着内に好走した馬もいない。札幌2歳S(G3)のブラストウェーブ(5着)やファンタジーS(G3)のアロマデローサ(10着)など、上位人気に推された所属馬も悉く敗れた。

 今年に入ってもいまだ重賞勝ち馬は出ておらず、好走例としてもシンザン記念(G3)でペースセッティング、フェアリーS(G3)でメイクアスナッチがいずれも2着したのみ。近年と比べると、この世代はやや物足りない印象だ。

「クラシックに有力馬を送り込むことも少なくないシルクレーシングですが、現3歳世代については大物不在といったところでしょうか。新馬や未勝利を勝ち上がっている馬は結構いるのですが、昇級後に苦戦しているケースが目立ちます。

また2017年からの近5年でみても、2歳重賞で3着内の好走がなかった世代は、翌年のクラシックで好走馬がでない負のジンクス(「0-0-0-7/7」)のようなものもあります。勿論、これから大物候補が現れる可能性はありますが、それでも近年の傾向通りなら、今年のクラシックは苦戦を強いられるかもしれません」(競馬誌ライター)

 イクイノックスというクラブを代表する存在がいるとはいえ、一つ下の世代に目を向ければ「負のジンクス」が発動中ともいえるシルクレーシング。クラシックへ黄色信号が灯っている3歳世代に、はたしてこの先大物は現れるだろうか。

ハイキック熊田

ハイキック熊田

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

イクイノックス「現役世界最強」評価も3歳世代に物足りなさ…シルクレーシングの「負のジンクス」発動でクラシックに黄信号!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安