GJ > 競馬ニュース > スターズオンアース級「クラシック候補」が鮮烈デビュー!? 人気はなくても実力あり、リバティアイランドに強敵出現か
NEW

JRAスターズオンアース級「クラシック候補」が鮮烈デビュー!? 人気はなくても実力あり、リバティアイランドに強敵出現か

【この記事のキーワード】, ,
JRAスターズオンアース級「クラシック候補」が鮮烈デビュー!? 人気はなくても実力あり、リバティアイランドに強敵出現かの画像1
ダノンベルーガ 撮影:Ruriko.I

 デビュー戦でキラリと光る勝ち方をした素質馬を、記事で採り上げることがライフワークとなっている筆者。これまでダノンベルーガ、ナミュール、ドゥラドーレス、プレサージュリフト、レイベリングらに注目し、それなりに活躍してくれた。

 昨年6月から始まった新馬戦も、そろそろタイムリミットの2月中旬が近づいて来た訳だが、日経新春杯(G2)の行われた先週末の日曜中京の6Rでデビュー勝ちを決めたマスクトディーヴァ(牝3、栗東・辻野泰之厩舎)もクラシック候補の1頭として期待したい素質馬だった。

 舞台は12頭立てで行われた芝2000m戦。単勝オッズ2.8倍で1番人気に支持されたヴィンセドリスに対し、マスクトディーヴァは15.1倍の6番人気と下馬評では大きな後れを取っていた。

 しかし、デビュー前の馬ばかりで実際に走ってみないと分からないのはいつも通り。終わってみれば、戦前の評価を覆してマスクトディーヴァが圧勝したのだから……。この勝利に展開の恩恵や人気馬の不利があった訳でもなく、おそらく何度やり直しても勝ち馬だけは変わらなかったと思えるだけの強さを確認できた。

スターズオンアース級「クラシック候補」が鮮烈デビュー!?

 レースは、1000m通過63秒1のスローに落とした2番人気グランデサラスが先導。対するマスクトディーヴァは中団やや後ろの7番手と苦しいポジションから追走する。最後の直線で2番手から先頭に躍り出たウインスノーライト目掛けて、各馬が一斉に襲い掛かり、激しい攻防を繰り広げた。

 ただ、そんな展開を全く問題にせず、1頭だけ異次元の脚で突き抜けたのがマスクトディーヴァだ。

 重馬場でパワーと適性を求められる舞台ながら、マークした上がり3ハロンのタイムは34秒4と出色。最終的に2着に粘り込んだウインスノーライトも35秒3で2位だった訳だが、2頭の間には0秒9もの差があった。3着に入ったガットネロの上がりも35秒4で3位タイだっただけに、積極策を採った馬が前残りするレースだったといえよう。

 にもかかわらず、先行有利なレースを後方から大外を回して突き抜けたマスクトディーヴァの強さが目立ったのも無理はない。勝負どころとなった最後の直線半ばでは、ガットネロが外へと大きく膨らんだ煽りを受けて、距離のロスもあった。それでもハナやアタマ、クビではなく、1馬身3/4という明確な力の差を証明したことに大きな価値がある。

JRAスターズオンアース級「クラシック候補」が鮮烈デビュー!? 人気はなくても実力あり、リバティアイランドに強敵出現かの画像2
吉田隼人騎手

 この鮮烈デビューに対して、騎乗した吉田隼人騎手は「走ってからは能力があると感じた」、管理する辻野調教師も「素質を感じていましたし、軽い芝ならもっといいパフォーマンスができると思います」と好感触。陣営のコメントを踏まえると、どうやらマスクトディーヴァは本番で強いタイプらしい。

 そして今回の勝利は、オーナーである社台ファームにとっても、昨年の牝馬二冠を制したスターズオンアースに続くクラシック候補登場の期待も持てそうである。実はこのマスクトディーヴァ、血統的にもなかなかの良血馬なのだ。

 父はエアグルーヴ一族の血を引くルーラーシップ、母父にディープインパクト、母母もビハインドザマスクと大物の名前がズラリ。母系が短距離寄りの印象こそあれ、芝2000m戦で強い勝ち方をしたのだから、中距離もこなせるだろう。

 距離短縮を苦にする血統でもないため、桜花賞(G1)に出てきても面白い。時期的なことを考慮すれば、オークス(G1)なら余裕のあるローテーションを組めるか。3歳牝馬については、昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を圧勝したリバティアイランド一強という見方が大半かもしれない。

 だが、マスクトディーヴァの披露したパフォーマンスは、2歳女王の打倒も夢ではないと思わせてくれる内容だった。この予感が正解なのか、それとも過大評価なのか。次走でも注目したいヒロイン候補の登場だった。

黒井零

黒井零

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

JRAスターズオンアース級「クラシック候補」が鮮烈デビュー!? 人気はなくても実力あり、リバティアイランドに強敵出現かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  3. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  4. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  5. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  6. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分