GJ > インタビューニュース > 小林未沙&松嶋桃が降臨!!  > 2ページ目
NEW

麻雀Mリーグ「影の立役者」小林未沙&松嶋桃が降臨!! 麻雀界「名実況者」の”ホンネ”に迫る!!

【この記事のキーワード】, ,

――やはり小林さんの存在は大きかったですか?

松嶋:プロになりたての頃、麻雀実況というと未沙ちゃんしかいなくて、ちょうどその頃、ニコニコ生放送とかネット麻雀番組が流行り始めていました。さすがに「未沙ちゃん一人で全部はこなせない」ということで、ネット番組『麻雀スリアロチャンネル』の方が「もう一人実況者を育てよう」「やってみる?」と声を掛けてくださったんです。

ですが、いざやってみると誰もやり方を教えてくれなかったんですよ(泣)。基本的なことも分からない状況でした……その時、未沙ちゃんの実況動画を見つけて勉強したんです。

昔から未沙ちゃんのことを「雲の上の存在」だと思っていたので、同じ番組に出演していることが未だに信じられないです。そのくらいとても尊敬していますし、影響を受けた人です。

麻雀Mリーグ「影の立役者」小林未沙&松嶋桃が降臨!! 麻雀界「名実況者」のホンネに迫る!!の画像4

――なるほど。それだけ小林さんの影響が大きかったんですね。次に小林さんにお聞きしたいのですが、今年から松嶋さんが『RTDリーグ』に加わりましたが、その際になにかアドバイスなどはあったのですか?

小林:2年目から放送対局数が倍増したんです。その2年間大きな反響をいただいていましたが、その分「そろそろ視聴者が飽きてしまうかもしれない」と少し思っていたんです。そんな時3年目は「実況二人体制」にするという話を聞きました。

飽きられてしまうかもしれないとは思いつつ、私の「パーソナリティ」は変えられるものではないですから。たくさんの方に楽しんでもらうためには、「私の色」が番組に付きすぎるのも「どうなのかな」と思いました。桃ちゃんが実況に加わることによって「純粋に対局をお伝えする実況に立ち返る」というかなんというか……。

私がやっても桃ちゃんがやっても、いつ見ても楽しめるような実況を二人で出来たらと思ったので、アドバイスもそうですし、特別私がこうして欲しいと言うことはなかったです。いろいろな相談事はお互いにしていますけど。

――人それぞれの個性を尊重することによって、番組にも個性が出てきますもんね。そんなお二人が『RTDリーグ』を盛り上げていく最中に、『Mリーグ』が誕生しました。実際にそのお話を聞いた時、率直にどう思われましたか?

松嶋:「へえー、そうなんだ…!!」と…間抜けな感じでごめんなさい。でも第一印象はそんな感じでした(笑)。私は選手として選ばれる立場では絶対にないので、「麻雀界の夢が一歩近づいた」と思いつつも、なにか「遠い世界」のように感じましたね。凄すぎてピンとこないというか。

麻雀Mリーグ「影の立役者」小林未沙&松嶋桃が降臨!! 麻雀界「名実況者」の”ホンネ”に迫る!!のページです。GJは、インタビュー、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. 【新台スマスロ最速実戦】エンディング後の「ツラヌキ」にも要注目! 通常時から特化ゾーンまで「自力要素満載」のガチバトル開演!【ネット『賞金首Angel』】
  5. 外務省が”犯罪行為”と断言「ベトナムパチ&スロ」について大御所ライターが注意喚起
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  8. パチンコ「4リール1ライン」連チャン機を打ってみた‼
  9. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  10. 【パチンコ】「5万発」を狙うならコレ!過去には「66,625発」を達成した強烈なポテンシャルを秘めた機種もランクイン!