GJ > 競馬ニュース > 大阪杯(G1)アルアイン優勝
NEW

JRA大阪杯(G1)アルアイン北村友一「神騎乗」でG1初制覇! 大接戦なのに「ノーステッキ」動かない”勇気”が結んだ会心の騎乗

【この記事のキーワード】, , , ,
JRA大阪杯(G1)アルアイン北村友一「神騎乗」でG1初制覇! 大接戦なのに「ノーステッキ」動かない勇気が結んだ会心の騎乗の画像1

 14年目の悲願がついに届いた。

 31日に阪神競馬場で行われた大阪杯(G1)は、G1馬8頭が顔を揃える超豪華メンバーとなったが、勝ったのは一昨年の皐月賞馬アルアイン(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)だった。鞍上の北村友一騎手は、デビュー14年目で嬉しいG1初制覇となった。

「本当によかったなあ……としか、今は何も思い浮かばないです」

 14頭立ての芝2000mで行われたレース。戦前ではキセキがハナを切ると思われたが、スタートを決めたエポカドーロが先手を主張。キセキは2番手からの競馬となった。一方のアルアインは北村騎手が「行きっぷりも凄く良かった」と振り返った通り、4番手の好位をキープ。3番の好枠を活かし、内々で脚を溜めることができた。

「枠が良かったし、展開も読みやすかったので理想的な形。あとは馬の気分を害さないようにということだけ考えて乗りました」

 1000m通過は61.3秒のスロー。良馬場発表だったが、前日の雨の影響を含んだ馬場だった。

「行きっぷりも凄く良かったですし、4コーナーに向くまでじっとして、追ってからもしっかり反応してくれた」

 最後の直線を迎え、各馬が馬場の良い外へ持ち出す中、北村騎手は思い切って内を突いた。エポカドーロをかわし、キセキと並ぶようにして先頭に躍り出るアルアイン。そこへ内からワグネリアンが強襲。さらに後続が迫ってきたところがゴールだった。

JRA大阪杯(G1)アルアイン北村友一「神騎乗」でG1初制覇! 大接戦なのに「ノーステッキ」動かない”勇気”が結んだ会心の騎乗のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内