GJ > 競馬ニュース > 「作戦は」ビーチサンバ
NEW

JRA桜花賞(G1)「福永祐一の作戦は」ビーチサンバを「善戦マン」と侮るなかれ、な理由

【この記事のキーワード】, ,
JRA桜花賞(G1)「福永祐一の作戦は」ビーチサンバを「善戦マン」と侮るなかれ、な理由の画像1

 いよいよ3歳クラシックの開幕だ。4月7日、阪神競馬場で桜花賞(G1、芝1600メートル)が行われる。優勝候補たちと差のない競馬をしてきたビーチサンバ(牝3歳、栗東・友道康夫厩舎)について検討しよう。

 グランアレグリアは2歳女王決定戦である阪神JF(G1、芝1600メートル)に出走せず、牡馬が集う2歳チャンピオン決定戦、朝日杯FS(G1、芝1600メートル)に出走、そこから桜花賞に直行してくる。そのため、牝馬路線を歩んできた馬たちで人気になるのはダノンファンタジーとクロノジェネシス、シェーングランツといったところ。

 そして、これらの有力馬を相手に、勝ち切れなかったものの常に善戦してきたのがビーチサンバ。2歳牝馬の出世レースとして定着したアルテミスS(G3、芝1600メートル)では、直線で中団から抜け出し先頭。そのまま押し切れそうにも見えたが、後方から桁違いの末脚で伸びてきたシェーングランツに差されて2着だった。

 阪神JFでも直線で良く伸びたが、後方から大外を並んで伸びてきたダノンファンタジーとクロノジェネシスに交わされて3着。しかし、伸び返して2着のクロノジェネシスにはクビ差まで迫り、アルテミスSで負けたシェーングランツ(4着)には先着した。騎乗した福永祐一騎手は「切れ負けの形ですが、交わされてからもよく頑張った」「来年が楽しみです」と今年の巻き返しを誓った。

 今年の初戦クイーンC(G3、芝1600メートル)ではクロノジェネシスと対戦。阪神JFの雪辱に挑んだが出遅れて、最後方からの競馬になってしまった。直線では上がり3F最速の末脚で追い込んだが、早目に抜け出していたクロノジェネシスをつかまえることはできず2着。阪神JFに続きクビ差だった。

 このようにビーチサンバは同世代の一線級牝馬と戦い、高い能力を発揮してきた。この桜花賞でもダノンファンタジー、クロノジェネシスあるいはグランアレグリアに次ぐ4、5番人気が予想される。3着でも馬券になる3連単や3連複、ワイドでは外せない1頭であることは間違いない。

 とはいえ出走するからには陣営が目指すのは優勝。1週前追い切りは栗東・CWで併せ馬。6F83秒8-1F11秒5と終いを伸ばした。追い切りに跨った福永騎手は「1週前なので、しっかり負荷をかけた。動きは良かったよ」と手応えをつかんだようだ。体調に問題がなければ後はレースでの作戦が重要になってくる。

JRA桜花賞(G1)「福永祐一の作戦は」ビーチサンバを「善戦マン」と侮るなかれ、な理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?