GJ > 競馬ニュース > 藤井勘一郎に批判殺到
NEW

JRA「危険騎乗」藤井勘一郎に批判殺到。「やり得」降着なしに疑問の声も

【この記事のキーワード】, ,
JRA「危険騎乗」藤井勘一郎に批判殺到。「やり得」降着なしに疑問の声もの画像1

 31日の阪神競馬場で開催された大阪杯(G1)は、アルアインが約2年ぶりとなるG1・2勝目をあげた。騎乗した北村友一騎手は14年目でうれしいG1初制覇。多くの人々から祝福のコメントが寄せられている。

 だが、それから約40分後。北村友騎手とは違い、多くの人から批判の声を浴びせられたのが、今年からJRAで騎乗をはじめた藤井勘一郎騎手だ。

 オーストラリアや韓国など海外を拠点にしてきた藤井騎手。昨年は6度目の挑戦で騎手一次試験を突破。今年の3月から逆輸入騎手としてJRAに参戦していた。デビューするやいなや、初日からチューリップ賞(G2)にブランノワールで出走を果たすなど、多くの乗鞍を確保。これまで5勝をあげており、豊富なキャリアを武器に活躍することが期待されている。

 その藤井騎手だが、31日の12R・鳴門ステークスでフュージョンロックに騎乗。最後の直線コースで内側に斜行し、直後を走行していた和田竜二騎手のクリノフラッシュと接触。同馬は転倒し騎手は落馬。そのため、ターゲリートの進路に影響を与えた。またメイショウオルソは転倒していたクリノフラッシュに接触し、太宰啓介騎手も落馬の憂き目にあっている。

 3頭を巻き込み、うち2頭が競走を中止し、さらに2名が落馬するという事故の遠因となった藤井騎手。自身が騎乗するフュージョンロックは3着に入ったものの、レース後、4月6日(土)から4月14日(日)まで9日間の騎乗停止の処分が下されている。

 そしてレース後から藤井騎手には批判が殺到。ネット上では「危ない斜行だった」「落馬につながる進路妨害の失格と騎乗停止はもっと厳しくとってもいいんじゃないかな」「やったもん勝ちはあぶねー」などの意見が相次いでいた。

JRA「危険騎乗」藤井勘一郎に批判殺到。「やり得」降着なしに疑問の声ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内