GJ > 競馬ニュース > オールカマー「知る人ぞ知るネタ」発見した伏兵は!!
NEW

JRAオールカマー(G2)はセンテリュオから4点厳選で美味しくGET!? 関係者からの耳打ち「知る人ぞ知るネタ」で発見した伏兵は!!

 27日(日)、中山競馬場で行われるオールカマー(G2)に現場の声を重視する「ブロディN」が挑む。

 先週のローズS(G2)はまったく展開が向かず、本命のリリーピュアハート6着、対抗フアナが11着の大誤算。勝利の美酒ではなく、敗戦の苦い酒をひとりで明け方まで飲んでいると、いつのまにか就寝。そして猛烈な吐き気とともに目覚めると、月曜日のメインレースを見逃すという失態を犯してしまった。

 このままやけ酒に溺れ続けるわけにはいかない。汚名返上で挑むオールカマーの本命『◎』は4番センテリュオ(牝5、栗東・高野友和厩舎)だ。

 重賞勝ちはまだないが、前走のマーメイドS(G3)では後方で脚をためると、最後の直線で上がり3ハロン最速となる35秒3の脚で先を行くライバルを強襲。軽斤量を武器に先行したサマーセントには3/4馬身差届かなかったが、実力の高さを見せつけた。

「前走後はここを目標にしてしっかり乗り込まれてきたようです。スタッフは『いつもならレースでの進み具合が気になるけど、今回は少頭数での開催なので後手に回っても問題ナシ。稽古ではいつになく前向きさもあったから大丈夫かな』と教えてくれました。

晩成傾向の強い血統で馬体も充実。関係者も『フィエールマンが回避したし、このメンバー相手ならば上位進出の可能性も十分』と色気を見せていましたよ」(競馬誌ライター)

JRAオールカマー(G2)はセンテリュオから4点厳選で美味しくGET!? 関係者からの耳打ち「知る人ぞ知るネタ」で発見した伏兵は!!の画像2

「○」をつけるのは京都記念(G2)2着以来の出走となる8番カレンブーケドール(牝4、美浦・国枝栄厩舎)。

 昨年はオークス、秋華賞、ジャパンCの3つのG1でいずれも2着。今年の始動戦となった京都記念ではライバル・クロノジェネシスに敗れてまたも2着。シルバーコレクターのポジションに落ち着いているが、そろそろ昨年4月のスイートピーS(L)以来の勝ち星が欲しいところだ。

「前走後はドバイに遠征する予定でしたが、コロナ禍で中止。スケジュールに狂いが生じ、輸送疲れもあったので、陣営は無理をさせず放牧に出すことを決めました。

 それから減った馬体を戻しつつ、このレースを目標に調整をしていたとのこと。『追う毎に動きは良くなってきました。今週の動きなら合格点』とスタッフは教えてくれましたよ。鞍上も津村明秀騎手が継続して騎乗する点も心強いですね」(美浦関係者A)

JRAオールカマー(G2)はセンテリュオから4点厳選で美味しくGET!? 関係者からの耳打ち「知る人ぞ知るネタ」で発見した伏兵は!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは