GJ > 競馬ニュース > コントレイル 父ディープに「惨敗」の結果
NEW

JRA武豊と福永祐一の差? 神戸新聞杯「コントレイル効果」で前年売上190.5%も、父ディープインパクトに意外なところで「惨敗」の結果

【この記事のキーワード】,

JRA武豊と福永祐一の差? 神戸新聞杯「コントレイル効果」で前年売上190.5%も、父ディープインパクトに意外なところで「惨敗」の結果の画像1

 27日、中京競馬場で行われた菊花賞トライアル・神戸新聞杯(G2)はコントレイルが優勝。危なげない走りで、本番に向けて最高の形で前哨戦を終えた。

 ディープインパクト以来、史上3頭目となる無敗の3冠馬を狙うコントレイル。神戸新聞杯の単勝オッズが1.1倍という圧倒的な支持からも、ファンの期待が伝わってくる。

 これは83億9513万7500円を記録した神戸新聞杯の売り上げにも表れており、前年比190.5%という驚異の数字を叩き出した。また、当日のWIN5も10億908万300円を売り上げ、キャリーオーバーがない開催日としては8年2か月ぶりの10億円超えとなった。

「コントレイルが出走するということで、WIN5は実質“WIN4”と考えたファンが多かったことが売り上げにつながりましたね。ただ、オールカマー(G2)を勝ったのが5番人気センテリュオだったので、そこで涙をのんだファンも多かったはずです。

神戸新聞杯はコントレイルにとって克服済みの距離ということで、不安要素がなく単勝1.1倍も納得のオッズでしたね。菊花賞(G1)は初の3000mということで距離不安もありますが、あの走りを見る限りは問題なさそうです。再び、圧倒的な支持を集めるのではないでしょうか」(競馬記者)

 ちなみにコントレイルの父ディープインパクトも、神戸新聞杯を単勝1.1倍の人気に応えて優勝。このレースの売り上げは79億6059万200円だった。つまり、レースの売り上げでは、コントレイルは偉大な父を超えているのだ。

 だが、馬券別の売り上げ内容では完全に超えているとは言えないかもしれない。

■2020年神戸新聞杯売り上げ(優勝馬コントレイル)
単勝:3億4577万4100円
コントレイルの単勝支持率:72.6%(2億5115万4800円)
複勝:11億9274万3500円
馬単:5億7219万2400円
3連複:13億5991万3300円
3連単:33億4358万7500円

■2005年神戸新聞杯売り上げ(優勝馬ディープインパクト)
単勝:3億893万200円
ディープインパクトの単勝支持率:78.5%(2億4262万8900円)
複勝:1億6713万9100円
馬単:14億2769万3400円
3連複:8億356万6000円
3連単:38億2343万8600円

 単勝支持率はディープインパクトが上だが、販売金額ではコントレイルが上回っている。どちらも圧倒的な人気を集めたという点では遜色ない内容だ。

 しかし、1着を当てる必要がある馬単、3連単の売り上げはディープインパクトが合計で13億円以上も上回っている。それに対して、コントレイルは1~3着を予想する複勝と3連複の合計が15億円上回るという結果だった。

 特に、今年は複勝が11億円という桁違いの売り上げを上げている。そのうち、9億5822万3800円はコントレイルに投票されており、配当還元率は99.5%を記録。JRAプラス10による10円上乗せで110円の配当が実現したが、あと少しコントレイルに票が集まっていれば、元返しになるところだった。

JRA武豊と福永祐一の差? 神戸新聞杯「コントレイル効果」で前年売上190.5%も、父ディープインパクトに意外なところで「惨敗」の結果のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは