GJ > 競馬ニュース > ビアンフェ「大暴走」に春のスプリント王轟沈…
NEW

元JRA藤田伸二氏「ユウスケ何したかったん?」スプリンターズS(G1)ビアンフェ「大暴走」に春のスプリント王モズスーパーフレア轟沈……

元JRA藤田伸二氏「ユウスケ何したかったん?」スプリンターズS(G1)ビアンフェ「大暴走」に春のスプリント王モズスーパーフレア轟沈……の画像1

 4日、中山競馬場で行われたスプリンターズS(G1)は、C.ルメール騎手の1番人気グランアレグリアが直線一気の差し切りで優勝。春の安田記念(G1)でアーモンドアイを破った実力馬が、秋G1開幕を告げるレースで鮮やかな勝利を飾った。

 その一方、2番人気に支持された高松宮記念馬モズスーパーフレア(牝5、栗東・音無秀孝厩舎)は果敢に先頭を奪うも、直線半ばで力尽きて10着に敗退。高松宮記念(G1)に続いての春秋スプリント制覇を目指した大一番は、陣営にとってほろ苦い結果に終わった。

 フルゲート16頭で行われたスプリントG1は、逃げたモズスーパーフレアにビアンフェが執拗に競りかけ、先行勢には息が入らない展開。3番手のラブカンプーすら前を行く2頭から大きく離された。その結果、前半3ハロンのラップは32秒8を計時。最終週ということもあり、時計の掛かっていた中山の馬場を考えると明らかにオーバーペースとなってしまった。

 レース後、松若風馬騎手は「人気を背負っていた分、マークもきつかった。最後は競られた分が響いた」と悔い、管理する音無調教師も「ずっと競って来られて、最後は苦しくなってしまいました」と、ビアンフェに競りかけられたことを敗因として挙げた。

 モズスーパーフレア陣営にとっての“不吉な”前兆は、既にレース前からあったのかもしれない。

 ファンファーレが鳴り響き、ゲート入りの段階で先入れ発走のビアンフェが“イヤイヤ”……。一向にゲート入りが終わらず5分が経過、最終的には藤岡佑介騎手が一旦下馬してのゲートインとなった。

元JRA藤田伸二氏「ユウスケ何したかったん?」スプリンターズS(G1)ビアンフェ「大暴走」に春のスプリント王モズスーパーフレア轟沈……の画像2

 このビアンフェのテンションの異常な高さこそが、超ハイペースの暴走からのぶっちぎり最下位の原因となった可能性が高い。藤岡佑騎手も「コンディションがいいと気持ちが高ぶってしまう。かみ合わなかったです」と弁明するほかなかった。

「逃げ馬の宿命とはいえ、あそこまで競られると、いくらモズスーパーフレアでも脚が持たないですよ。昨年より1秒以上遅い勝ち時計だったことからも、前半は明らかに速過ぎました。

超ハイペースの立役者となったビアンフェの藤岡佑騎手の騎乗には疑問が残ります。スタートして明らかに出して行っていましたから。噛み合わなかったというよりも、あれでは“暴走”と見られても仕方がありません」(競馬記者)

 これには同騎手と日頃から懇意にしている元JRA騎手の藤田伸二氏も自身のTwitterで「ユウスケ何したかったんかの〜」と”弟分”の大失態をイジった。

 さらに、ネットでも「あそこまで競りかける必要ある?」「これじゃ、ただのモズスーパーフレアへの嫌がらせ」「絡んでぶっちぎり最下位では意味が分からない」と藤岡佑騎手の騎乗を疑問視する声も上がっていた。

 11番人気の人気薄だったとはいえ、2番人気モズスーパーフレアにとっては致命的な展開を作り出してしまったビアンフェと藤岡佑騎手。モズスーパーフレアを応援していたファンからは、思わぬ怒りを買ってしまったかもしれない。

元JRA藤田伸二氏「ユウスケ何したかったん?」スプリンターズS(G1)ビアンフェ「大暴走」に春のスプリント王モズスーパーフレア轟沈……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客