GJ > 競馬ニュース > ソットサスの評価が「21世紀最弱」レベル…
NEW

凱旋門賞馬ソットサスの評価が「21世紀最弱」レベル……JRAオルフェーヴル「因縁」の相手を下回り、過去最低になった理由

【この記事のキーワード】,

凱旋門賞馬ソットサスの評価が「21世紀最弱」レベル……JRAオルフェーヴル「因縁」の相手を下回り、過去最低になった理由の画像1

 現地時間8日、IFHA(国際競馬統括機関連盟)は「ロンジンワールドベストレースホースランキング」を発表した。2020年1月1日から10月4日までに行われた世界の主要レースが対象。前回の発表から、新たにプリークネスステークス(G1)、凱旋門賞(G1)などが考慮された内容になっている。

 1位となる130ポンドを獲得したのは今年G1・3勝のガイヤース。2位に126ポンドのパレスピア、3位は125ポンドでペルシアンキング、ストラディバリウス、ティズザローの3頭が並んでいる。

 日本馬の最上位は6位タイのアーモンドアイで124ポンド、それに続いてコントレイル、サートゥルナーリア、クロノジェネシスがランクインした。

 その一方、今年の凱旋門賞(G1)を勝ったソットサス(牡4歳、仏・JC.ルジェ厩舎)は10位タイの123ポンドだった。

 凱旋門賞の勝ち馬としてはあまりにも低い評価に感じられるだろう。実際に、昨年の勝ち馬ヴァルトガイストは、凱旋門賞以前が8位タイの124ポンドだったのに対して、優勝後は1位タイの128ポンドまで評価を上げた。そのことを考えれば、ソットサスの123ポンドは3着だった昨年と同じで、違和感を覚えるはずだ。

 ちなみに凱旋門賞後にレーティングが発表されるようになったのは2009年。それ以降の凱旋門賞勝ち馬のレーティングは以下の通りだ。

2009年 シーザスターズ 1位 135ポンド
2010年 ワークホース 2位タイ 128ポンド
2011年 デインドリーム 2位タイ 128ポンド
2012年 ソレミア 22位タイ 122ポンド
2013年 トレヴ 1位タイ 130ポンド
2014年 トレヴ 6位タイ 125ポンド
2015年 ゴールデンホーン 2位 130ポンド
2016年 ファウンド 10位タイ 123ポンド
2017年 エネイブル 3位 128ポンド
2018年 エネイブル 7位タイ 125ポンド
2019年 ヴァルトガイスト 1位タイ 128ポンド
2020年 ソットサス 10位タイ 123ポンド

 2012年にオルフェーヴルを破ったソレミアが122ポンドでソットサスより低い数値だった。また、2016年のファウンドも同じ123ポンド。だが、2頭とも牝馬のため、セックスアローワンスの3ポンドを加算すれば、それぞれ125、126ポンドとなる。つまり、凱旋門賞後にレーティング発表されるようになってから、ソットサスは最低の評価を受けたのだ。

凱旋門賞馬ソットサスの評価が「21世紀最弱」レベル……JRAオルフェーヴル「因縁」の相手を下回り、過去最低になった理由のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!