GJ > 競馬ニュース > 「13冠ベビー」面目躍如の初勝利!!
NEW

JRAジェラルディーナ「13冠ベビー」面目躍如の初勝利!! ダービー馬全妹2頭&菊花賞馬半妹の超良血馬対決は後々「伝説の未勝利戦」へ昇華される?

JRAジェラルディーナ「13冠ベビー」面目躍如の初勝利!! ダービー馬全妹2頭&菊花賞馬半妹の超良血馬対決は後々「伝説の未勝利戦」へ昇華される?の画像1

「伝説の1戦」として語り継がれることになるかもしれない。

 23日(月・祝)、阪神2歳未勝利戦(芝1800m)で、G1通算7勝をあげた名牝ジェンティルドンナの3番仔ジェラルディーナ(牝2、栗東・石坂正厩舎)が、3戦目にして待望の初勝利をあげた。

 父にモーリスを持ち、父母合わせてG1を13勝という良血馬ゆえに、早くから期待を懸けられていたジェラルディーナ。だが母の背を知る岩田康誠騎手を背にデビューを飾るも、初戦は後方から競馬を展開して3着。続く2戦目は一転して先行策を取り、最後の直線では一時先頭に立つも、スパークルに交わされて2着に終わっていた。

 そして鞍上が北村友一騎手にスイッチして迎えた3戦目。中団後方で運ばれたジェラルディーナは、4角から進出を開始。最後の直線では外から上がり最速の脚を使い、先に抜け出していたトウシンモンブランをハナ差交わして勝利を飾った。

 騎乗した北村友騎手は「直線では向かい風が強かったけど、よく差し切ってくれました」と相棒をねぎらうと、管理する石坂正師も開口一番「ホッとしました」と、“3度目の正直”が期待された1戦を勝ったことで、安どの表情を浮かべていた。

「13冠ベビー」ジェラルディーナが見事に勝利を収めた未勝利戦。実はここには同馬以外にも近親にG1馬がいる良血馬揃いだったようだ。

 1番人気に支持されながらも6着に敗れたミスフィガロは、2018年の日本ダービー(G1)を勝利したワグネリアンの全妹。またその翌年のダービー馬ロジャーバローズの全妹ブラックジュエリーも出走しており、10着と涙を飲んだ。さらに2014年の菊花賞(G1)を勝利したトーホウジャッカルの半妹トーホウロゼリア(12着)も出走している。

「過去を振り返っても無敗のままでキャリアを終えた競走馬はほぼいません。ここに集まったのは3戦目だったジェラルディーナなど、まだまだキャリアが浅い若駒と呼ばれる競走馬たちです。ここから成長を遂げて来年にはその能力を開花することもあるでしょう。

新馬戦を終えて数年後、そのレースから多数の重賞勝ち馬が輩出されていたことが判明すると、『伝説の新馬戦』と称されることがあります。今後が楽しみな良血馬が揃っていたこの1戦も、将来的には『伝説の未勝利戦』と呼ばれる可能性も捨てきれませんよ」(競馬誌ライター)

 かつて2005年に未勝利戦で、後に朝日フューチュリティS(G1)を勝つフサイチリシャール、翌年のクラシック3冠で馬券圏内を外さない走りを見せたドリームパスポートが直接対決。さらに08年12月でも、後にジャパンダートダービー(G1)2着などダートで活躍するシルクメビウス、NHKマイルC(G1)を勝利したジョーカプチーノが3着以下に2秒以上の差をつける圧巻の走りを見せるなど、後に伝説級と呼ばれる未勝利戦も多くある。

 この日の一戦も後々に語り継がれることになるよう、勝ち馬ジェラルディーナはもちろん、敗れたライバルたちもこの敗戦をバネに飛躍を果たしてもらいたいものだ。

JRAジェラルディーナ「13冠ベビー」面目躍如の初勝利!! ダービー馬全妹2頭&菊花賞馬半妹の超良血馬対決は後々「伝説の未勝利戦」へ昇華される?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?