GJ > 競馬ニュース > 戸崎圭太 チュウワウィザード「空き巣」成功!?
NEW

JRA戸崎圭太チュウワウィザード「空き巣」成功!? 「2000万馬券」演出で、ウイニングランが“やり辛かった”名牝に続けるか

JRA戸崎圭太チュウワウィザード「空き巣」成功!? 「2000万馬券」演出で、ウイニングランがやり辛かった名牝に続けるかの画像1

 15日、チャンピオンズC(G1)の勝ち馬チュウワウィザード(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎)は、次走に来年2月のサウジC(G1)を目標にしていることが明らかになった。

 今年創設されたサウジCは1着賞金1000万ドル(約10億円)のビッグレース。総賞金も2000万ドルで、6着だったゴールドドリームも60万ドル(約6000万円)を獲得した。チャンピオンズCの勝ち馬には優先出走権が与えられるため、チュウワウィザードにとって挑戦するだけの価値があるレースと言えるだろう。だが、コロナ禍ということもあり、海外渡航が難しい場合はフェブラリーS(G1)に向かう予定ともなっている。

 そして気になる鞍上は前走に引き続き、戸崎圭太騎手が抜擢された。

 これまでチュウワウィザードの主戦は川田将雅騎手が務めてきたが、今年の帝王賞(G1)はクリソベリルに騎乗するためC.ルメール騎手に乗り替わりとなった。次走のJBCクラシック(G1)もルメール騎手が継続騎乗となったが、チャンピオンズCではカフェファラオの騎乗を選択。これにより、チュウワウィザードの鞍上がぽっかりと空いてしまった。

JRA戸崎圭太チュウワウィザード「空き巣」成功!? 「2000万馬券」演出で、ウイニングランがやり辛かった名牝に続けるかの画像2

 そこで白羽の矢が立ったのが、2年前に騎乗経験のある戸崎騎手だった。

 その期待に応えて、チャンピオンズCを見事に優勝。これまで3戦全敗だったクリソベリルに一矢報いることができた。

「チャンピオンズCは騎手と陣営で打倒クリソベリルの作戦を立てて、それがハマった結果でしたね。JBCクラシックでは前に行ったことで目標にされてしまいましたが、前走は大外から発走となるクリソベリルが前に行ったのを確認して、しっかりとマーク。戸崎騎手の判断が冴えわたる内容でした。これが評価されての継続騎乗のはずです。

戸崎騎手といえば、トップジョッキーが手薄となるG1の裏開催で勝ち星を稼ぐことも珍しくなく、ネットの掲示板や一部のファンには“空き巣”と揶揄されることもありました。ただ、1勝に重きを置くという考え方としては理にかなっています。

今回は裏開催ではなく、主戦級だった川田騎手、ルメール騎手が他馬に騎乗という意味での“空き巣”でチュウワウィザードを獲得したという見方もできますが、両ジョッキーは違う馬を選択したという大義名分がありますからね。運も実力の内と言いますし、結果を出したのは見事しか言いようがありません」(競馬記者)

 かつて、戸崎騎手が乗り替わりのチャンスを活かした馬と言えば、ストレイトガールが思い出される。

JRA戸崎圭太チュウワウィザード「空き巣」成功!? 「2000万馬券」演出で、ウイニングランが“やり辛かった”名牝に続けるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは