GJ > 競馬ニュース > 「異次元の33.6秒」で圧巻デビュー!
NEW

JRA武豊×エリザベスタワー「異次元の33.6秒」で圧巻デビュー!「とても乗り味がいい」独オークス馬の仔がノーステッキで完勝

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊×エリザベスタワー「異次元の33.6秒」で圧巻デビュー!「とても乗り味がいい馬」独オークス馬の仔がノーステッキで完勝の画像1 あっさりと突き抜けた。

 19日、阪神競馬場で行われた5R・新馬戦は、2番人気のエリザベスタワー(牝2歳、栗東・高野友和厩舎)が優勝。母に独オークス馬を持つ良血馬が、強烈なパフォーマンスで初陣を飾った。

 18頭立てで行われた芝1600mのレース。ゲートこそまずまずだったエリザベスタワーだが、発馬直後にふらついて隣の馬と軽い接触。鞍上の武豊騎手も無理せず、後方からの競馬を選択した。

 新馬戦らしいスローペースの中、エリザベスタワーは3、4コーナーでわずかにポジションを上げたものの依然後方12番手。しかし、最後の直線で外目に持ち出されると、そこからは脚が違った。粘りこみを図る先行勢を嘲笑うかのような“異次元”の末脚。あっさりと突き抜けると、最後は2着馬に1馬身1/4の差をつけて白星発進となった。

「レース後に武豊騎手が『スタートは少しゆっくりだった』と話していた通り、スタートでやや後手を踏みましたが、結局ムチを使っていませんし、ここでは力が違いましたね。上がり3ハロン33.6秒は、第2位に0.5秒差をつける圧倒的な切れ味でした。

父がマイラーのKingmanということで今回は1600mのデビューでしたが、母ターフドンナは独オークス(G1、芝2200m)の勝ち馬。武豊騎手も『いいリズムで走れた』と話していた通り、折り合いに不安がなさそうですし、母の父がサドラーズウェルズ系のDoyen(ドワイエン)ということからも、距離を伸ばしても面白い存在になりそうです」(競馬記者)

 また、別の記者もエリザベスタワーのデビュー戦を絶賛している。

「最後の直線で舌を出したまま走っていましたし、まだ全然本気で走っていませんね。直線の入り口で外からテーオーロイヤル(3着)が被せてきて、一瞬進路が狭くなりましたが、力強く進路を確保した走りも印象的でした。

新馬戦なので今回の相手のレベルはわかりませんが、来年のクラシックを狙っていい馬だと思います。武豊騎手には2歳牝馬のお手馬に阪神ジュベナイルF(G1)でコンビを組んだメイケイエールがいますが、こちらは折り合いに問題を抱えており1600mが限界という馬。2400mのオークス(G1)には、この馬と挑んでいるかもしれませんよ」(別の記者)

JRA武豊×エリザベスタワー「異次元の33.6秒」で圧巻デビュー!「とても乗り味がいい馬」独オークス馬の仔がノーステッキで完勝の画像2

「直線に向いて追い出してからの反応が良かった。とても乗り味がいい馬で楽しみですね」

 レース後、そう勝ち馬を評価した武豊騎手。桜花賞にメイケイエール、オークスにエリザベスタワーとなれば、レジェンドジョッキーにとっても楽しみな春になりそうだ。

JRA武豊×エリザベスタワー「異次元の33.6秒」で圧巻デビュー!「とても乗り味がいい」独オークス馬の仔がノーステッキで完勝のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客