GJ > 競馬ニュース > WIN5で掴んだのは「夢」か「悪夢」か!?
NEW

WIN5で掴んだのは「夢」か「悪夢」か!? キャリーオーバーから低配当まで天国と地獄…… 最後に待っていたのは残酷な結末か

【この記事のキーワード】,

WIN5で掴んだのは「夢」か「悪夢」か!? キャリーオーバーから低配当まで天国と地獄…… 最後に待っていたのは残酷な結末かの画像1

 WIN5とはJRAから指定された対象5レースの勝ち馬を的中させる馬券。高配当の出やすい券種としては3連単が有名だが、WIN5の場合はそれをさらに凌ぐ。これまで億超えを多数輩出した夢馬券といえるだろう。

 その一方でWIN5長者となったにもかかわらず、馬券裁判という憂き目にあった事例もある。国民の義務として納税は必要不可欠とはいえ、馬券購入時に既に課税されていることから、二重課税にあたるのではないかという不満の声があることも確かだ。

 だが、そんな悩みも的中者にのみ降りかかる不幸かもしれない。

 4つまで当たっていても5つ全部当たらなければ的中扱いとならない残酷な馬券は、今年も大きな話題を呼んだ。

 それでは今年開催された全56回のWIN5で低配当と高配当のトップ5を振り返ってみたい。

■低配当トップ5
日付、対象5R目、配当、的中票数、勝ち馬人気
11. 1 天皇賞秋(G1)、    3万830円、22548票、2-1-4-2-1
10. 4 スプリンターズS(G1)、5万8060円、10017票、1-1-3-4-1
1.12 シンザン記念(G3)、  6万5590円、6406票、2-2-1-1-2
10.25 菊花賞(G1)、    8万4020円、8777票、1-6-2-2-1
2.16 共同通信杯(G3)、  10万1490円、4852票、1-4-1-1-3

 一万円台の払い戻しが4回と、本命党には厳しい結果となった。

 シンザン記念が最終関門だった1月12日の開催は、5レースすべて1、2番人気で決着して6万5590円の払い戻し。年間通して上位人気馬だけで決まった唯一の回だった。菊花賞のあった10月25日や共同通信杯のあった2月16日は、それほど高配当でもなかったが、6番人気や4番人気が入り、難易度の高さが窺える。

 的中票はそれなりにあるとはいえ、少ない予算でこれを的中させるのは、至難の業と言えるだろう。

 では次に、高配当トップ5を見てみたい。

WIN5で掴んだのは「夢」か「悪夢」か!? キャリーオーバーから低配当まで天国と地獄…… 最後に待っていたのは残酷な結末かのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?