GJ > 競馬ニュース > アドマイヤビルゴ ヴェロックスと激突!
NEW

JRA武豊「最後まで末脚が続くところがいい」6億円アドマイヤビルゴと大阪杯(G1)睨み、川田ヴェロックスと激突!

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊「最後まで末脚が続くところがいい」6億円アドマイヤビルゴと大阪杯(G1)睨み、川田ヴェロックスと激突!の画像1

 年が明け、5日からの金杯で2021年の競馬が開幕。最強女王アーモンドアイがターフを去り、有馬記念(G1)を勝ったクロノジェネシス、三冠を達成したコントレイル、デアリングタクトなどが今年の中心となるが、未完の大器たちが下克上へ虎視眈々と爪を研いでいる。

 中でも、特にファンから熱い視線を集めているのが、武豊騎手が主戦を務める6億円ホース・アドマイヤビルゴ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 ここまで5戦4勝、武豊騎手とのコンビに限れば4戦負けなしと底知れない快進撃を続けているアドマイヤビルゴ。今年はG1制覇を目指して真価が問われる一年になるが、始動戦は17日の日経新春杯(G2、中京・芝2200m)になる。

 すでに昨年12月11日にノーザンファームしがらきから栗東へ帰厩しており、中間も順調。管理する友道康夫調教師も「数字(馬体重)は変わらなくても、しっかり成長している」と評価。「2000m前後がベストだと思う。先々のレースに向けても、良い結果を出して欲しいですね」と、順調に行けば春の大阪杯(G1)が大目標になるとのことだ。

 2017年のセレクトセールで6億2640万円(税込み)で取引され、「6億円ホース」と話題を集めているアドマイヤビルゴ。主戦の武豊騎手も「大きなところを狙える馬」と期待しており、レジェンドジョッキーの2021年古馬は長距離が菊花賞馬のワールドプレミア、中距離がアドマイヤビルゴと、どちらも友道厩舎とのタッグになりそうだ。

「前走のアンドロメダS(L)は、いい勝ち方でした。レース後に武豊騎手が『道中はいい感じだったけど、3コーナー過ぎから芝の掘れている所があって、一瞬手応えが悪くなった』と指摘した通り、勝負所でポジションを下げるアクシデント。最後の直線を迎えた段階では後方でしたが、そこから上がり最速の末脚で突き抜けました。

2着に退けたクラージュゲリエは、一昨年の皐月賞(G1)5着、日本ダービー(G1)6着とクラシックで善戦していた馬。着差はクビ差でしたが、3着以下は2馬身以上突き放していますし、見た目以上に強い内容でした」(競馬記者)

 やや乱暴な見立てだが、少なくともサートゥルナーリア(皐月賞)とロジャーバローズ(日本ダービー)が勝った一昨年春のクラシックで掲示板(5着以内)以上のパフォーマンスを見せたアドマイヤビルゴ。

 だが、次走の日経新春杯では、さらにもう1つ上のライバルが待っているという。

JRA武豊「最後まで末脚が続くところがいい」6億円アドマイヤビルゴと大阪杯(G1)睨み、川田ヴェロックスと激突!の画像2

「クラージュゲリエと同世代のヴェロックス(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)ですね。こちらは皐月賞2着、日本ダービー3着とクラージュゲリエよりも、さらに一枚上。前走の中日新聞杯(G3)を叩かれた上積みもありますし、G1制覇を目指すアドマイヤビルゴにとっても“現在地”を図る上で、いい相手になると思います」(同)

 先日放送された『武豊TVII』(フジテレビ系)に出演した武豊騎手は、アドマイヤビルゴについて「馬体重は増えてないけど、数字より大きく感じる馬」「最後まで末脚が続くところがいい」と改めて高評価を与えている。

 6億円ホースの名に恥じない飛躍の一年へ。まずは再度クラシックを賑わせた先輩に実力を見せつける。

JRA武豊「最後まで末脚が続くところがいい」6億円アドマイヤビルゴと大阪杯(G1)睨み、川田ヴェロックスと激突!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは