GJ > 競馬ニュース > 「二強対決」に不穏な予兆…
NEW

JRA 春の嵐は空気を読まない!? 大阪杯(G1)コントレイル、グランアレグリア「二強対決」に不穏な予兆…… 最強馬決定戦を襲う天の配剤

【この記事のキーワード】, ,

JRA春の嵐は空気を読まない!? 大阪杯(G1)コントレイル、グランアレグリア「二強対決」に不穏な予兆…… 最強馬決定戦を襲う天の配剤の画像1

 4月4日に阪神競馬場で開催される大阪杯(G1)は、今年の競馬界を占うにあたって非常に大きな役割を担うレースとなりそうだ。

 昨年の牡馬クラシックで無敗の三冠を達成したコントレイル、同馬をジャパンC(G1)で返り討ちにしたアーモンドアイを安田記念で一蹴したグランアレグリアに加え、サリオス、レイパパレが参戦を表明した。

 ジャパンCはアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトという新旧三冠馬対決で空前の盛り上がりを見せたが、大阪杯もこれに引けを取らない超豪華メンバーで争われることになりそうだ。

 アーモンドアイ、デアリングタクトの姿はなくともコントレイルとグランアレグリアはこれが初の顔合わせ。引退した9冠馬に勝ち逃げを許したコントレイルとしては、現役最強馬の座を確たるものにするためにも、グランアレグリアを倒して戦績に箔をつけたいところだろう。

 『netkeiba.com』の想定オッズでも29日現在でコントレイルが1.6倍で1番人気、グランアレグリアが2.3倍の2番人気、サリオスは少し離れた6.6倍の3番人気となっているように、大方の下馬評では二強対決と見られている。

 そして先週の高松宮記念(G1)は3着までを上位人気馬が独占。強い馬が人気に応えた熱戦が大いに盛り上がった一方、重賞で単勝1倍台の支持を受けた大本命馬が不覚を取ってきた流れも見逃せない。

JRA春の嵐は空気を読まない!? 大阪杯(G1)コントレイル、グランアレグリア「二強対決」に不穏な予兆…… 最強馬決定戦を襲う天の配剤の画像2

 金鯱賞(G2)で単勝1.4倍に支持されたデアリングタクトはギベオンの前に不覚を取って2着に敗れ、阪神大賞典(G2)で単勝1.3倍のアリストテレスはまさかの7着に大敗したが、いずれもコントレイルとクビ差の接戦を経験していた馬である。

 また、2頭の敗戦に共通するのはいずれも馬場コンディションが重馬場で開催されたレースということだ。

 デアリングタクトは前残りの馬場を味方にしたギベオンの逃げ切りを許した。アリストテレスは道中で行きたがり、折り合いに不安を残したことは確かだが、抜群の重馬場適性を見せたディープボンドは5馬身差で圧勝した。

 まるで天の配剤のごとく、最近の3週は平日こそ晴れても週末になると好天に恵まれない悪循環が続いていることも不思議である。そしてこの雨でぬかるんだ馬場が大本命馬の敗退と無関係ではないだろう。

 そこで当然気になるのは今週末の天気だが、残念なことに日曜の阪神地方は雨の予報が出ている。コントレイルは稍重の皐月賞(G1)のみの経験、グランアレグリアは重馬場だった昨年の高松宮記念で3着に敗れており、渋った馬場の適性は未知数。どちらも切れが活きる時計の出る良馬場が歓迎のタイプであることに間違いはなさそう。

 もし、今週も天気が崩れるようなら力を発揮できない可能性も考えられるだけに、このまま下馬評通りの二強対決とはならないかもしれない。

JRA 春の嵐は空気を読まない!? 大阪杯(G1)コントレイル、グランアレグリア「二強対決」に不穏な予兆…… 最強馬決定戦を襲う天の配剤のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内