GJ > 競馬ニュース > 大阪杯 池添謙一の「トリガー発動」!?
NEW

JRA 池添謙一「トリガー発動」でモズベッロに勝算あり!? 大阪杯(G1)強敵相手も「勝ち負け期待」日経賞(G2)見送りに勝負駆けの気配

【この記事のキーワード】, ,

JRA 池添謙一「トリガー発動」でモズベッロに勝算あり!? 大阪杯(G1)強敵相手も「勝ち負け期待」日経賞(G2)見送りに勝負駆けの気配の画像1

 4月4日、阪神競馬場で行われる大阪杯(G1)に、モズベッロ(牡5歳、栗東・森田直行厩舎)が出走予定。鞍上に池添謙一騎手を迎え一発の気配が漂っている。

 池添騎手が騎乗できなかった近3走は、本来の走りができないでいるモズベッロ。15着となった有馬記念(G1)、5着だったAJCC(G2)ともに池添騎手は有力馬への騎乗があり、手綱を執ることができなかった。

 8着に敗れた前走の京都記念(G2)は池添騎手が騎乗する予定であったが、1月31日の中京競馬場10R美濃S(4歳上3勝クラス)でヒートオンビートに騎乗し、内側に斜行。2月13日(土)から2月21日(日)まで9日間(開催日4日間を含む)の騎乗停止処分が下され、またもや騎乗が叶わなかった。

 モズベッロは、これまで池添騎手と4回コンビを組み【1-1-1-1/4】と好相性。横山武史騎手から乗り替わった昨年の日経新春杯(G2)を勝利すると、次の日経賞(G2)でも2着と好走を果たしている。

 日経賞のレース後、森田直行調教師は「勝った馬にゴールするまでずっと外に張られたからね。あれで審議にもならないのはどうか……。まともだったら差し切っていた」と憤慨。これには池添騎手も「最後は寄られた部分もありますが、まっすぐ走っていれば勝ち切れたと思います」と話しており、実質的に重賞2連勝の実力と見ることもできそうだ。

 今年も当初は日経賞を予定していたが、それを見送っての大阪杯参戦。このレース選択には、勝負駆けの気配が垣間見える。

 3200mの天皇賞・春では7着と失速しているモズベッロだが、これにはメルボルンC(豪G1・芝3200m)挑戦への適性確認という意図があったという。『中日スポーツ』の記事によると、レース前には「オーナーがメルボルンC(豪州G1・11月3日・フレミントン・芝3200m)に使いたいという考えなので、適性を見るために天皇賞へ。(オーナーは)1年の半分を向こうで生活しているので使うのが夢なんです」と話していた。

JRA 池添謙一「トリガー発動」でモズベッロに勝算あり!? 大阪杯(G1)強敵相手も「勝ち負け期待」日経賞(G2)見送りに勝負駆けの気配の画像2

 レース後に池添騎手が「距離的にも2000mから2500mぐらいが良さそうですね。今日は距離適性の差もあったかと思います」とコメント。距離を短縮した次の宝塚記念(G1)では3着と巻き返しており、距離が長かった可能性も否定できない。

 宝塚記念のレース後、池添騎手は「勝負どころで一旦離されかけてしまったんですが、直線では外から来られると、またひと伸びしていましたし、よく頑張っていると思います。まだ口向きなど幼い面が目立つので、これからの成長が楽しみな馬です」と、まだ未完成であることを主張しており、約9カ月ぶりの騎乗に本人も期待しているだろう。

 これまでの成績からも、池添騎手が好走の引き金となっている感のあるモズベッロ。好メンバーが揃う大阪杯だが、一発があっても驚けない。

JRA 池添謙一「トリガー発動」でモズベッロに勝算あり!? 大阪杯(G1)強敵相手も「勝ち負け期待」日経賞(G2)見送りに勝負駆けの気配のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光