GJ > 競馬ニュース > 現役最強馬クロノジェネシスを徹底研究
NEW

JRA現役最強馬クロノジェネシスを徹底研究。デビュー前の評価・北村友一&ルメールのコメント・同期のサンデーレーシング募集馬たちの今は?

JRA現役最強馬クロノジェネシスを徹底研究。デビュー前の評価・北村友一&ルメールのコメント・同期のサンデーレーシング募集馬たちの今は?の画像1

 昨年の宝塚記念と暮れの有馬記念を優勝し、大阪杯でコントレイル、グランアレグリア、サリオスを完封したレイパパレに今年の宝塚記念でも圧勝。アーモンドアイが引退した今、クロノジェネシスは紛れもなくJRAの現役最強馬だろう。

 しかしデビュー前の同馬が、将来これほどの活躍ができると予見した人はいただろうか。ファンも評論家も、そして同馬のオーナーであるサンデーレーシングや生産者のノーザンファームも。

 今回はクロノジェネシスがどういう馬なのか、様々な視点で検証していきたいと思う。ここまで同馬に騎乗した北村友一騎手とC.ルメール騎手のコメントから、同馬の能力について考察してみよう。

「追い切りの段階から走る馬だと思っていました。スローペースでもしっかり折り合っていました。いい内容でした」
(デビュー戦勝利後の北村友騎手)

「反応も良かったです。能力の高さを改めて感じました」
(アイビーS勝利後の北村友騎手)

「この馬の瞬発力を信頼していました。イメージ通りで反応も良かった」
(クイーンC勝利後の北村友騎手)

「直線ではいつでも抜け出せるような脚だった」
(秋華賞勝利後の北村友騎手)

「下り坂でペースアップするのは初めてで、戸惑いがあったかもしれません」
(エリザベス女王杯5着後の北村友騎手)

「強かったです。体重が示す通り、馬に幅が出てパワーアップしています」
(京都記念勝利後の北村友騎手)

「本当に強かった。この手応えで直線へ向けば絶対に伸びると思っていました」
(宝塚記念勝利後の北村友騎手)

「出負けして、さらに外から寄られて下げる形に。ポジションの差で負けて申し訳ないです」
(天皇賞・秋3着後の北村友騎手)

「折り合いはスムーズで、いつもの走りができました」
(有馬記念勝利後の北村友騎手)

「思っていたよりも後ろから早めに来られたので、長く脚を使うことに。接触してから立て直すためのロスもあり、最後は疲れてしまいました」
(ドバイシーマクラシック2着後の北村友騎手)

「いい位置を取れて道中も完璧。すごくいい脚を使ってくれて、最後は楽でした」
(宝塚記念勝利後のルメール騎手)


 このコメントからもデビュー時から完成度が高く、その後成長につれてさらに凄みを増したような印象だ。なおサンデーレーシングで募集時にどんな評価だったかといえば、「芝のレースからのスタートになると予想しますが、(中略)ダートにも十分対応できるでしょう」と、芝で不振だった場合、将来的にはダートへの挑戦も視野に入れていたのだから驚きだ。

 同じ母クロノロジストの産駒は、一つ上の姉ノームコアがヴィクトリアマイルと香港Cを勝利しているが、その活躍はクロノジェネシスの募集受付が終了してからのもの。他にはハピネスダンサーが5勝をあげるも重賞では結果が出なかった。そしてキャロットファームで募集されたクロノスタシスが3勝をあげた以外は目立った活躍馬が不在。

 これらの経緯と父がバゴからも、サンデーレーシングでの募集価格1400万円(全40口・一口価格35万円)は順当といえる金額。これは同期92頭中83番目タイとかなりお得な価格だった。

JRA現役最強馬クロノジェネシスを徹底研究。デビュー前の評価・北村友一&ルメールのコメント・同期のサンデーレーシング募集馬たちの今は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?