GJ > 麻雀ニュース > 多井「ウマ娘式予想術」で宝塚記念を大攻略!?
NEW

多井隆晴「ウマ娘式予想術」で宝塚記念(G1)を大攻略!? 「ルメール騎手は、ほぼ1・2番人気に乗ってるのに…」クロノジェネシス鞍上の「マイナススキル」発覚?

【この記事のキーワード】, ,
多井隆晴「ウマ娘式予想術」で宝塚記念(G1)を大攻略!? 「ルメール騎手は、ほぼ1・2番人気に乗ってるのに…」クロノジェネシス鞍上の「マイナススキル」発覚?の画像1
麻雀界”No.1トレーナー”多井隆晴がついに「ウマ娘式予想術」を公開!? ※適切な対策と距離を取って撮影しています

 27日、阪神競馬場で開催される春のグランプリ・宝塚記念(G1)。上半期の競馬の締めくくりとなる大一番に、人気No.1プロ雀士の多井隆晴が再び登場する。

 800万ダウンロードを超える大ヒット競馬アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』のサイバーエージェント(Cygames)がオーナー企業となる「渋谷ABEMAS」の大黒柱であり、自身が手掛ける『たかちゃんねる』が創設わずか1年余りで登録者10万人を突破するなど、麻雀界の垣根を超えた人気を誇る多井が、果たしてどんな予想を披露するのか――。

 ついに完成した「ウマ娘式予想術」が火を噴く時が来た。


――今年も宝塚記念を迎えて、春競馬もいよいよ締めくくりですね。前回出演いただいた日本ダービー(G1)の予想では、本命のエフフォーリアが2着したものの、勝ったシャフリヤールは迷った末に切った馬でした……。

渋谷ABEMAS多井隆晴選手(以下、多井):(全兄で2000mのG1を2勝した)アルアインのイメージを持ち過ぎました。馬券も思いっきり買ってたんで、めちゃくちゃやられましたね……。今回で絶対に取り返そうと思ってますし、それができる予想を用意しました!

――それは楽しみですね! 今年の宝塚記念は、昨年の覇者クロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が抜けた存在になりそうです。さすがに多井さんも、断トツ1番人気には逆らえませんか?

多井:いえ、クロノジェネシスは今回、2・3着でしか買うつもりないです。

多井隆晴「ウマ娘式予想術」で宝塚記念(G1)を大攻略!? 「ルメール騎手は、ほぼ1・2番人気に乗ってるのに…」クロノジェネシス鞍上の「マイナススキル」発覚?の画像2
ルメール騎手は過去の宝塚記念でほぼ1・2番人気の馬に乗ってるのに、一度も…

――大本命のC.ルメール騎手ですよ?(笑)

多井:ウマ娘で「根幹距離〇」っていうスキルがあるんですけど、あれって400mの倍数の距離(1200m、1600m、2000m、2400m)だとステータスが若干上がるんですね。でも、2200mの宝塚記念と2500mの有馬記念(G1)は根幹距離じゃないんですよ。

――なるほど。ウマ娘でいえば「非根幹距離〇」のスキルが重要になるということ。

多井:クロノジェネシスは明らかに「非根幹距離〇」を持ってるんじゃないかと(笑)。いるんですよ、グランプリが得意な馬って。ウマ娘で挙げるとゴールドシップとか、グラスワンダーとか。だからクロノジェネシスは、ほとんど完璧なんですよ。去年6馬身差で勝ってますし、有馬記念も勝ってグランプリ向きの馬で、(上位に)来ない理由はほとんどないと思います。

――ウマ娘には出ていませんが、ドリームジャーニーもそんな感じでしたね。ということは、やっぱり「非根幹距離〇」持ちのクロノジェネシスが本命じゃないんですか?

多井:ところがですね……ルメール騎手は過去の宝塚記念でほぼ1・2番人気の馬に乗ってるのに、一度も馬券(3着以内)になったことがないんですよ。負傷した北村友一騎手から乗り替わって、普通なら+のはずなんですけど、今回は-と言わざるを得ないですね。

――まさかルメール騎手は「非根幹距離×」を持ってる?

多井隆晴「ウマ娘式予想術」で宝塚記念(G1)を大攻略!? 「ルメール騎手は、ほぼ1・2番人気に乗ってるのに…」クロノジェネシス鞍上の「マイナススキル」発覚?のページです。GJは、麻雀、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 麻雀
  • 総合
  1. 京大卒プロ雀士・松嶋桃に直撃インタビュー!! 「美人雀士」にして「クイズ女王」が見据える麻雀への「想い」とは
  2. JRA 日本ダービー(G1)多井隆晴「◎」エフフォーリアも、涙の「ドゥラメンテ愛」崩壊!?『ウマ娘』ドハマり中の最強Mリーガーが出した結論とは
  3. JRA天皇賞・秋(G1)「影の実力者」ミッキーロケットで明暗!?「最速最強」多井隆晴VS「ゼウスの選択」鈴木たろうが激アツ予想対決!!
  4. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  5. 最年少Mリーガー松本吉弘「僕がMリーグの個人1位になれる」の真意……初著書で語られた「麻雀界の藤井聡太」の軌跡【書籍発売記念インタビュー】
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 麻雀Mリーグ「ドラフトまとめ」&「チーム戦力」を徹底分析!! 史上初のシーズン開幕に向け「優勝」大本命はあのチーム!?
  8. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  9. Mリーグ・渋谷ABEMAS松本吉弘「人生最大の苦境」を語る。「僕にとっては『今』が大事な時期」試練の先に見据える未来像
  10. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  11. 有馬記念「アーモンドアイは負ける」麻雀界カリスマ勝負師2人が挙げた「超人気薄」激走馬とは!? 多井隆晴×村上淳が2019最後の大予言!?