GJ > 競馬ニュース > 米国最強馬「忘れ形見」10馬身デビュー!
NEW

【非業】原因不明の死を遂げた米国最強馬の「忘れ形見」が10馬身差圧勝デビュー! 武豊アウォーディーらを蹴散らしたドバイWCから4年、未だ死因わからず

【この記事のキーワード】, ,

【非業】原因不明の死を遂げた米国最強馬の「忘れ形見」が10馬身差圧勝デビュー! 武豊アウォーディーらを蹴散らしたドバイWCから4年、未だ死因わからずの画像1

 9日、阪神競馬場で行われた6Rの新馬戦は、3番人気のジャスパーグレイト(牡2歳、栗東・森秀行厩舎)が10馬身差で圧勝。2016、17年にダート世界最強を誇った米国のアロゲート産駒がド派手な日本初勝利を挙げた。

「楽に逃げられた分、最後も脚を使えました」

 10頭立てダート1800mのレース。鞍上の岩田望来騎手の言葉通り、好スタートを決めたジャスパーグレイトは特に競りかけてくる馬もおらず、楽にハナへ。1000m通過が64秒という超スローペースに持ち込むと、3、4コーナーからロングスパート。最後の直線では一方的に後続を突き放す独走劇だった。

「モノが違う走りでしたね。この日に同条件で行われた2歳未勝利(1R)の勝ち時計が1:54.0で、ジャスパーグレイトの勝ち時計が1:54.7。岩田望騎手がまんまとスローペースに持ち込んだ分、時計面での評価はできませんが、少なくとも今回のメンバーでは次元が違いました。

(着差がつきやすい)ダートとはいえ10馬身差は立派ですし、道中落ち着いて走れていたことも好感触。次が試金石になると思いますが、今日はノーステッキでしたし、期待できそうです」(競馬記者)

 ジャスパーグレイトの父アロゲートは、2016年に5連勝でブリーダーズCクラシック(G1)制覇。特にG1初制覇となったトラヴァーズSでは2着馬に13馬身半差をつけてのレコード勝ちと、世界の度肝を抜くパフォーマンスでその名を一気に高めた。

 さらに翌2017年にはペガサスワールドC(G1)の初代王者に輝くと、ドバイワールドC(G1)では日本の武豊騎手のアウォーディーやR.ムーア騎手のラニ、C.ルメール騎手のアポロケンタッキーといったところをまったく寄せ付けずに7連勝を達成。文句なしの世界最強まで上り詰めている。

 管理したB.バファート調教師をして「セクレタリアト以来最高の馬」と伝説の三冠馬を引き合いに出すほどの評価を受けた存在だった。

 しかし、そんなアロゲートだが、昨年6月に原因不明の病気のために死亡。レントゲンや超音波、CTスキャン、血液検査などあらゆるテストを受けたものの明確な所見は得られないままの安楽死処分だった。非業の死を遂げた本馬はわずか3世代しか産駒を残せず、ジャスパーグレイトらが初年度産駒となる。

「積極的な海外遠征を行っている森秀行厩舎の馬だけに、今後が楽しみですね。特に連覇中のサウジCは来年から国際G1に格付けされますし、森調教師も狙っていると思います。

まだ気の早い話ですが、もしサウジCで結果を残せば、父アロゲートが出走できなかった米国三冠挑戦という可能性も出てきます。日本では貴重なアロゲート産駒だけに、大きな活躍を期待したいですね」(競馬記者)

【非業】原因不明の死を遂げた米国最強馬の「忘れ形見」が10馬身差圧勝デビュー! 武豊アウォーディーらを蹴散らしたドバイWCから4年、未だ死因わからずの画像2
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

「色んな競馬ができると思いますし、ポテンシャルはいいものを持っています。これからメンタル面でも成長してくれれば」

 レース後、そうジャスパーグレイトへ今後の期待を語った岩田望騎手。米国で一時代を築いた名馬の忘れ形見が、日本で旋風を巻き起こすことを期待したい。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

【非業】原因不明の死を遂げた米国最強馬の「忘れ形見」が10馬身差圧勝デビュー! 武豊アウォーディーらを蹴散らしたドバイWCから4年、未だ死因わからずのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!