GJ > 競馬ニュース > 裏開催で「ダート女王候補」が誕生!?
NEW

JRA 裏開催で「ダート女王候補」が誕生!? 「強いレースを見せてくれた」ジョッキーも絶賛!前走10着の2歳馬に一体何が?

【この記事のキーワード】, ,

JRA 裏開催で「ダート女王候補」が誕生!? 「強いレースを見せてくれた」ジョッキーも絶賛!前走10着の2歳馬に一体何が? の画像1

 16日、新潟競馬場の2Rでダート1800mの2歳未勝利戦が行われた。勝ったのは、菱田裕二騎手のアーテルアストレア(牝2歳、栗東・橋口慎介厩舎)だった。

 同馬はデビュー戦だった前走の中京芝1400m戦で14頭中の10着。首位から1秒差と着順ほどの大敗ではなかったが、出遅れた影響で位置も終始後方で、見所は無いに等しかった。

 そこで陣営は目先を替えて、2戦目に芝の短距離戦とは大きく異なるダートの中距離戦を選んだ。ダートはペースのアップダウンが芝より激しくない。また、中距離は短距離と比べて道中のペースがゆっくり流れるからだ。

 橋口師は同馬について「ワンペースなところがあるし、この距離なら流れにも乗りやすいでしょう」と、説明。師の言葉通りなら一変する可能性があった。

 そして、このレース選択は結果的に“大吉”と出た。

 7枠9番からスタートしたアーテルアストレアは前走と異なり五分のスタートを切ると、二の脚の速さでハナを奪う。レースの主導権を握った同馬は、軽快に1000m通過1分1秒7のペースで逃げた。前週同コースで行われた3歳上1勝クラスからコンマ1秒だけ遅いハイペースだが、同馬が失速する心配は無用だった。

 手応え十分に4コーナーを回って、コーナーの出口で一気に後続を離すとゴールまでまさに一人旅。2着に2.1秒差をつける大差勝ちで嬉しい初勝利を飾った。

「まさかダートに替わってここまで一変するとは……。正直に言って予想していませんでした。母スターズインヘヴンの半兄に18年マーチS(G3)覇者センチュリオンがいる血統ですから、芝よりはダートの方が可能性があるかもとは思いましたが……。鞍上の菱田騎手も『強いレースを見せてくれたと思います』と、舌を巻いていました。

ちなみにアーテルアストレアの勝ち時計1分53秒1は歴代2位の好時計です。レコードがコンマ1秒速い1分53秒0で、その時は速い時計が出やすい重馬場でした。今回の馬場状態が稍重であることを考えると、レコード以上の価値があると言っても過言ではないでしょう。

また同日行われた3歳上1勝クラスの3着馬が1分53秒0でした。走破時計の額面だけ見れば既に古馬並みの力量を持っていると言えます」(競馬記者)

 近年の新潟ダート1800mでは18年最優秀ダートホースのルヴァンスレーヴ、17年UAEダービー(G2)2着のエピカリス、18年全日本2歳優駿(G1)優勝のノーヴァレンダといった実績馬が初勝利を挙げている。

 それら実力馬より速いタイムを叩き出したアーテルアストレアは「ダート界の女王候補」と言っていいかもしれない。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA 裏開催で「ダート女王候補」が誕生!? 「強いレースを見せてくれた」ジョッキーも絶賛!前走10着の2歳馬に一体何が?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光