GJ > 競馬ニュース > 「爆穴ジョッキー」が半年ぶりにカムバック!
NEW

JRA「爆穴ジョッキー」三浦皇成の同期が半年ぶりにカムバック!

【この記事のキーワード】, ,

JRA「爆穴ジョッキー」三浦皇成の同期が半年ぶりにカムバック!の画像1

 16日の東京開催で、半年ぶりにターフに帰ってくるジョッキーがいる。今年4月の中山での障害戦で落馬負傷後、首の骨を折るなどの大怪我を乗り越えてカムバックする伊藤工真騎手だ。

 伊藤騎手は同日5Rの新馬戦に騎乗するほか、6Rではティケイプルメリアに騎乗。同馬は昨年の神戸新聞杯(G2)で14番人気ながら3着に入り、菊花賞(G1)の優先出走権を獲得して話題を集めたロバートソンキーを管理する林徹厩舎の馬。復帰を心待ちにしていた林師からの騎乗機会を得てリスタートする。

 騎手生活14年目で一番の大怪我を負った伊藤騎手は、あの三浦皇成騎手と同期の間柄。2008年デビュー以来の年間勝利数を振り返れば、その「苦労人」ぶりが垣間見える。

 ルーキーイヤーは三浦騎手が勝ち星を量産するなか、伊藤騎手は1勝止まり。しかし2年目の09年は23勝と頭角を現し、10年に出場機会を得た第24回全日本新人王争覇戦で優勝。同時出場した三浦騎手を退けて「新人王」の称号を手にした。

 ところが翌11年は5勝止まり。12年から15年は2桁勝利をマークするも、16年以降は再び勝利数は1桁となり、通算100勝を達成したのはデビュー11年目の18年。その勝利も、通算99勝から実に9ヶ月ぶりとなる白星だった。ちなみに三浦騎手のデビュー100勝到達は、09年の2月。武豊騎手が持っていた従来の最速記録から、約2ヶ月早い記録達成だった。

 勝利には恵まれないものの、伊藤騎手の騎乗はその「爆穴男」ぶりで注目を集めるケースも多い。

 騎乗数が少ないことで、それほど知られていない面があるものの、人気薄の馬を馬券圏内に持ってくる傾向が目立つ同騎手は、今年1月のカーバンクルSで15番人気エレナアヴァンティを3着に導き、複勝2570円の高配当を演出。

 特に昨年は5月に14番人気ウラワザテクニックに騎乗して3着。続く6月も13番人気ラッキービープランで2着、さらに7月には15番人気パリテソーロを2着に導くなど、3ヶ月連続で10番人気以下の「穴馬」を馬券圏内に導く騎乗を披露。

 これらの隠れた活躍は、同年9月27日、冒頭のロバートソンキーで穴をあけた神戸新聞杯の”予兆”だったのかもしれない。

 一部の競馬ファンからは「伊藤工務店」などという愛称で呼ばれている伊藤騎手。半年ぶりに復帰を果たす勇気を讃えるのはもちろん、まずは当日無事に騎乗を終えることを願いながら応援したい。

(文=鈴木TKO)

<著者プロフィール> 野球と競馬を主戦場とする“二刀流”ライター。野球選手は言葉を話すが、馬は話せない点に興味を持ち、競馬界に殴り込み。野球にも競馬にも当てはまる「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」を座右の銘に、人間は「競馬」で何をどこまで表現できるか追求する。

JRA「爆穴ジョッキー」三浦皇成の同期が半年ぶりにカムバック!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  3. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  7. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  8. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  9. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】