GJ > 競馬ニュース > 武豊期待の2歳馬 次走はあの「不出世レース」を予定…
NEW

JRA 武豊「今後が楽しみ」クラシック級の大物候補は次走、あの不出世レースを予定……

【この記事のキーワード】, ,

JRA 武豊「今後が楽しみ」クラシック級の大物候補は次走、あの「不出世レース」を予定……好走馬は来春G1で軒並み苦戦、歴史は繰り返される?の画像1

 9月の中京芝2000mで行われた新馬戦を、武豊騎手の手綱で快勝したトゥデイイズザデイ(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)。次走は引き続き同騎手とのコンビで、11月に阪神で開催される京都2歳S(G3)を予定していることが明らかになった。

 同馬は今年の日本ダービー馬シャフリヤールに新馬戦でクビ差まで迫り、乗っていた武豊騎手に「この世代で一番いい馬だと思った」とまで言わしめた素質馬ヴィヴァンの半弟。管理する池江師は、「ダービーに毎年出走させてもらっているが、そのレベルの馬」と話すほどの大物候補だ。

 初戦からレース間隔が約2ヶ月空いたことについて、池江師は「体もまだ寂しかったので、成長を促すという感じですね」と、『スポーツ報知』に対してコメント。充電期間を経て、ひと段階逞しくなったトゥデイイズザデイの姿が仁川の舞台で期待できそうである。

 また、コンビを組む予定の武豊騎手は、2014年に重賞へと格上げされた同レースを、ここ7年間で3勝。15年、17年、19年と隔年で勝利を挙げており、21年の今年は“勝つ順番”となっている。

 初戦Vの後、自身の公式ホームページに「今後がますます楽しみになりました」と喜びを綴っているように、トゥデイイズザデイに寄せる期待は大きそう。ここで賞金を加算できれば、来年のクラシックに余裕を持って臨むことも可能となる。今後に向けて手中に収めておきたいタイトルだろう。

 一方で、出走を予定している京都2歳Sには、やや不吉なデータが存在している。

 重賞に格上げとなった14年以降、同レースの勝ち馬7頭のうち、翌年にクラシックホースに輝いた馬は現時点でゼロ。それどころか、馬券圏内に入った全21頭のうち、来春のクラシックで3着以内に入線を果たした馬もナシという、散々な成績となっている。

 一応、中にはシュヴァルグランやワールドプレミアなど、後にG1ホースをなった馬も名を連ねてはいる。

 だが、両馬がG1で活躍するようになったのは3歳の秋以降。皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)には出走すら叶わなかった。データ的に見れば、京都2歳Sで3着以内に入った時点で、来春のクラシックでは“不要”ということになりかねない。

「オープン特別時代の京都2歳Sは、エピファネイアやヴィクトワールピサ、ナリタブライアンなどを輩出している超出世レースでした。しかし、重賞となった14年以降は鳴りを潜めており、近年はむしろクラシックに無縁な傾向が強くなっています。

なぜそのようになってしまったのかは不明ですが、この時期に芝2000mの中距離重賞を経験させるのは、若駒にとって思いのほか負荷がかかるということなのかもしれません」(競馬誌ライター)

 14年以降、同レースを武豊騎手とのコンビで勝利した、ドレッドノータス、グレイル、マイラプソディの3頭は、次走で人気を背負いながら馬券圏外に敗れている。トゥデイイズザデイで再び歴史は繰り返されてしまうのだろうか。

 今年の京都2歳Sは、同馬の他にも、ハーツクライ産駒の“2億円ホース”フィデルや、シャフリヤールと同じ福永祐一×藤原英昭のタッグで初戦を快勝したキャンデセントなど、粒ぞろいのメンバーが集うことが予想されている。

 重賞格上げから8年、そろそろこの辺りで不吉なジンクスに終止符を打って欲しいところだ。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA 武豊「今後が楽しみ」クラシック級の大物候補は次走、あの不出世レースを予定……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安