GJ > 競馬ニュース >  M.デムーロ「愚行、厳罰にすべき」「体幹すごい」……東京大賞典(G1)オメガパフュームで4連覇、控えめ「ほぼ飛行機ポーズ」も賛否
NEW

JRA M.デムーロ「愚行、厳罰にすべき」「体幹すごい」……東京大賞典(G1)オメガパフュームで4連覇、控えめ「ほぼ飛行機ポーズ」も賛否

JRA M.デムーロ「愚行、厳罰にすべき」「体幹すごい」……東京大賞典(G1)オメガパフュームで4連覇、控えめ「ほぼ飛行機ポーズ」も賛否の画像1
オメガパフューム

 29日、大井競馬場で行われた東京大賞典(G1)は、オメガパフューム(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎)が4コーナーで外に大きく振られる不利をはねのけ優勝。18年から、このレース4連覇という空前絶後の偉業を成し遂げた。

 レース後には、川田将雅騎手のクリンチャーと壮絶な叩き合いとなった最後の直線を振り返ったデムーロ騎手。「直線は本当に長かったです。なかなか終わらなかったです」と本音を漏らしながらも、4連覇を達成して「とっても気持ち良いですね」と満面の笑み。「この馬にありがとう、という気持ちです」と相棒を労った。

 そんなデムーロ騎手対し、ネット上で疑問を呈するファンもいたようだ。

 問題となったのは、ゴール板を通過する瞬間に見せたデムーロ騎手の動作だ。ゴール板を過ぎる直前に両手を手綱から離し、何度かガッツポーズするシーンが映し出されていた。

 両手を離していたのは、おそらくほんの数秒のことだろう。デムーロ騎手が手綱から両手を離すパフォーマンスといえば、ゴールする瞬間の「飛行機ポーズ」で物議を醸してきた過去がある。

 直近で思いつくのは2019年の東京大賞典。両手を大きく横に広げたシーンが目に焼き付いているファンも多いはずだ。今回は両手を前に突き出す“ほぼ飛行機ポーズ”だったため、悪目立ちはしなかったが、それでも両手を手綱から離していたのは事実だ。

 ネット上のSNSや掲示板などでは「(デムーロ騎手の行為は)ゴール直前に手綱から両手を離す愚行。厳罰にするべきだと思います」、「ゴール前に追うのをやめて両手離すのは油断騎乗に該当しませんか?」「騎乗停止だろ」など、“常習犯”のデムーロ騎手に対し、疑問の声が上がった。

 一方で「体幹の強さがすごい」と純粋にデムーロ騎手を褒める声もあれば、「飛行機ポーズじゃなかっただけマシ」「悪いのはわかるけど、あれが見たい自分もいる」など批判とも擁護ともとれる声が入り混じっていた。

 デムーロ騎手は、これまで「飛行機ポーズ」でJRAから何度か過怠金を科せられたこともある。また処分こそなかったが、2年前の東京大賞典ではJRAとNARの双方からきつくお灸を据えられたことも本人は明かしている。

「今回は4連覇という偉業でしたし、ゴール前は激戦でしたから喜びを抑えきれなかったのでしょう。裏ではJRAもしくはNARから注意を受けたかもしれませんが、飛行機ポーズのような派手さはなかったためか、表面上お咎めはなかったようですね。

たとえ勝利を確信したとしても、やはり危険な行為なので、悪質な場合や繰り返し行われた場合は騎乗停止などの処分があってしかるべきだと思います」(競馬誌ライター)

 本件に限らず、JRAには油断騎乗や危険騎乗には厳正に対処してもらいたいところだ。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA M.デムーロ「愚行、厳罰にすべき」「体幹すごい」……東京大賞典(G1)オメガパフュームで4連覇、控えめ「ほぼ飛行機ポーズ」も賛否のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?