GJ > 競馬ニュース > 戸崎圭太「もっと上を目指せる」遅れて来た大物が重賞級のインパクト!? ゴドルフィンの刺客が「6馬身差」ノーステッキの独走劇
NEW

JRA戸崎圭太「もっと上を目指せる」遅れて来た大物が重賞級のインパクト!? ゴドルフィンの刺客が「6馬身差」ノーステッキの独走劇

【この記事のキーワード】, ,
JRA戸崎圭太「もっと上を目指せる」遅れて来た大物が重賞級のインパクト!? ゴドルフィンの刺客が「6馬身差」ノーステッキの独走劇の画像1
戸崎圭太騎手

 最後の直線半ばにして、レースを観ていた誰もが勝利を確信できたほど、勝ち馬の姿はセクシーかつクールだった。

 24日に東京競馬場で行われた鎌倉S(3勝クラス)において、他馬を圧倒する走りでダート短距離路線の新星に名乗りを上げたのは、戸崎圭太騎手とレモンポップ(牡4、美浦・田中博康厩舎)のコンビだ。

 前走はスタートで躓きながらも2着馬を3馬身半突き放す大楽勝。勝ち時計の優秀さと底を見せていない魅力も相まって、2勝クラスから3勝クラスに昇級しながらも単勝オッズ1.4倍という断然人気に支持された。

 そして、そんなプレッシャーもまったく意に介さない走りで期待に応えたレモンポップの強さは、前走以上のインパクトをファンに残したに違いない。

 ゴドルフィンの刺客が重賞級のインパクト

 16頭立てで争われたダート1400mのレース。4枠8番からスタートを無難に決めたレモンポップは、ハナを主張したアメリカンファクトの2番手を楽な手応えで追走した。残り400m過ぎた辺りで先頭に並び掛けると、後は後続を突き放す一方。ノーステッキでゴール板を駆け抜けたときには、6馬身もの大差がついていた。

 勝ち時計の1分22秒8(稍重)も、追っていたらまだ詰められた可能性すらある。そして馬場状態こそ違えども、このタイムはテイエムサウスダンが根岸S(G3)でマークした1分23秒1(良)と遜色ない数字だ。本馬はフェブラリーS(G1)で2着に好走した馬でもある。

 レース後に出された戸崎騎手の「また一段とパワーアップして良くなりました。レースが上手です。もっと上を目指せると思います。楽しみです」というコメントも、レモンポップへの期待が伝わる内容だった。次走は重賞も視野に入って来るのではないか。

 ただ、残念なのは国内重賞におけるダートの短距離路線で、レモンポップの得意条件に合うレースがあまりないことだ。

 秋にJBCスプリント(G1)やマイルCS南部杯(G1)などもあるが、いずれも地方競馬で開催される交流重賞。また、今回の鎌倉Sまで3戦無敗だった東京コースの成績も「4戦無敗」に更新しただけに、コース巧者の強みを生かすには、同じ中央でも中京1800mのチャンピオンズC(G1)よりは、得意の東京でマイルのフェブラリーSに適性があるだろう。

 今後の夢に繋げるためにも、まずは次走で連勝を伸ばしたいところ。遅れて来たダートの大物候補が演じた独走劇。ブルーの勝負服で知られるゴドルフィンが送り込んだ刺客の快進撃を見守りたい。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA戸崎圭太「もっと上を目指せる」遅れて来た大物が重賞級のインパクト!? ゴドルフィンの刺客が「6馬身差」ノーステッキの独走劇のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内