GJ > 競馬ニュース > エフフォーリア世代の“超良血”が3着でも複勝「8700万円」を紙くずに… C.ルメールでもD.レーンでもダメ、まさかの結果にファンも唖然茫然
NEW

JRAエフフォーリア世代の“超良血”が3着でも複勝「8700万円」が紙くずに… C.ルメールでもD.レーンでもダメ、まさかの結果にファンも唖然茫然

JRAエフフォーリア世代の超良血が3着でも複勝「8700万円」を紙くずに… C.ルメールでもD.レーンでもダメ、まさかの結果にファンも唖然茫然 の画像1

 “逸材”と評された超良血の足踏みは、一体いつまで続くのか…。

 29日、東京競馬場で行われた7Rの1勝クラスは内田博幸騎手の2番人気アドマイヤハレーが優勝。初勝利を飾ってから11度目の挑戦にして、ようやく惜敗続きにピリオドを打つ2勝目を挙げた。

 その一方で、同じように新馬勝ちから勝利を渇望されながらも、3着に敗れてしまったのが、単勝1.4倍の断然人気に推されたディオスバリエンテ(牡4、美浦・堀宣行厩舎)だ。鞍上にD.レーン騎手を配したが、またしても勝利は遠かった。

3着でも複勝「8700万円」が紙くずに…

 少頭数6頭立ての芝1800mで行われたレース。好スタートを決めたディオスバリエンテは、道中で4番手の内目を追走。前半1000m通過タイム1分0秒1のスローペースのなか、楽な手応えのまま最後の直線を迎える。

 余力たっぷりで残り300mを切った辺りから鞍上が追い出しを開始。あっさりと内から抜け出し、誰もが先頭でゴールを駆け抜けると思える脚色だった。

 しかし、坂を上り終え残り200mを切ってから突然の急ブレーキ。

 外から急追してきたアドマイヤハレーに並ぶ間もなく交わされると、最後は力尽きたように一度は抜かしたマイネルヒッツェにもゴール手前で差し返された。

「いやあ、今度こそ勝ったと思いましたけどね。この馬の悪い癖なのかもしれませんが、抜け出すとソラを使うと言いますかスイッチが切れるような面があります。前走の敗戦と同様な形となってしましたね」(競馬誌ライター)

 ディオスバリエンテは父ロードカナロアと母ディアデラノビアの間に生まれ、姉に2014年の府中牝馬S(G2)を含む重賞3勝のディアデラマドレ、兄に2019年の京都大賞典(G2)を含む重賞2勝のドレッドノータスがいる超良血だ。

 昨年の年度代表馬エフフォーリアと同世代で、デビュー戦では後のスプリングS(G2)で3着に入ったボーデンやセントライト記念(G2)を制したアサマノイタズラを下し、クラシックを渇望された逸材でもある。

 しかし、2戦目の共同通信杯(G3)でエフフォーリアや後にダービー馬となるシャフリヤール相手に完敗すると、その後は日本ダービー(G1)出走へ最後の望みを掛けたトライアルのプリンシパルS(L)に挑むも痛恨の2着。ダービー出走の夢は儚くも散った。

 そこからすぐに自己条件へと回った陣営。デビュー当初から主戦を務めてきた石橋脩騎手から、2走前には昨年まで5年連続リーディングジョッキーとなったC.ルメール騎手を起用するも2着に敗れる。

 さらに悪い流れは止まらず、前走からは短期免許を取得して来日している名手・レーン騎手に手綱を託すもまたしても2着。上位クラスまでの出世は時間の問題と思われた大方の予想とは裏腹に、今回の敗戦を含め1勝クラスながら単勝1倍台で4連敗とまさかの足踏みが続いている。

 そしてこの日に至っては、同馬絡みの馬券を買っていたファンにも痛恨の結末が待っていた。

 レース自体が少頭数6頭立てだった為、複勝の馬券対象は2着までとなるこの一戦で、全体の売り上げの83%を占めていたディオスバリエンテが3着に敗れた事により、本来なら的中となるおよそ8700万円分の馬券が紙くずと化した。

 また、それにより他馬の複勝配当は跳ねあがり、勝ち馬アドマイヤハレーは単勝配当が370円だったのに対し、複勝配当は500円となる“逆転現象”を生むまさかの結末。レース後にはネットの掲示板やSNSで「(ディオスバリエンテの)複勝ぶち込んだやつ死んだな」「あぶねー」「珍現象」という声も出るほど、ファンも唖然茫然となった。

 勝ち切れないレースが続いていただけに単勝が外れるのはともかく、複勝なら間違いないと大勝負に出た方には想定外の結果となってしまったこの日。ファンの期待に応え、馬券もレースも大勝利となる日は果たして今後訪れるのだろうか。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
 ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRAエフフォーリア世代の“超良血”が3着でも複勝「8700万円」が紙くずに… C.ルメールでもD.レーンでもダメ、まさかの結果にファンも唖然茫然のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬