GJ > 競馬ニュース > エフフォーリア「人気低落」宝塚記念(G1)ファン投票でまさかの首位陥落……今季初戦「惨敗」でイメージダウン、人馬で期待される捲土重来
NEW

JRAエフフォーリア「人気低落」宝塚記念(G1)ファン投票でまさかの首位陥落……今季初戦「惨敗」でイメージダウン、人馬で期待される捲土重来

【この記事のキーワード】, ,
JRAエフフォーリア「人気低落」宝塚記念(G1)ファン投票でまさかの首位陥落……今季初戦「惨敗」でイメージダウン、人馬で期待される捲土重来の画像1
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 来月26日、阪神競馬場で行われる春のグランプリレース・宝塚記念(G1)。そのファン投票の第1回中間発表が先日、JRAのホームページで行われた。

 トップは6万6615票を獲得したG1・2勝馬タイトルホルダー。今月1日に行われた天皇賞・春(G1)ではハナを奪うと後続に7馬身差をつけて優勝。その前哨戦だった日経賞(G2)も合わせて、今年ここまで2戦2勝の無敗をキープしている。

 前走後は放牧に出されて英気を養っており、近日中に美浦へ帰厩を予定しているとのこと。もうひと段階パワーアップした姿が宝塚記念で見られることに期待したい。

JRAエフフォーリア「人気低落」宝塚記念(G1)ファン投票でまさかの首位陥落……今季初戦「惨敗」でイメージダウン、人馬で期待される捲土重来の画像2
エフフォーリア

 一方、6万4639票で中間まさかの2位となったのが、昨年の年度代表馬エフフォーリア(牡4歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)だ。

 昨シーズンは主戦の横山武史騎手と共にG1・3勝を挙げた現役最強馬。暮れに行われた有馬記念(G1)のファン投票でも約26万票を獲得しており、クロノジェネシスらを抑えて堂々の首位に輝いた。

 しかし、今季は初戦となった先月の大阪杯(G1)で単勝1.5倍の支持を集めたにもかかわらず、まさかの9着。陣営は巻き返しを期すべく、早くから宝塚記念への参戦を表明していた。

 タイトルホルダーが今季ハイパフォーマンスを披露しているとはいえ、エフフォーリアにしてみれば、昨年は3度対戦してすべて差をつけて先着を果たしている相手である。

 中間発表とはいえ、現時点で首位の座を明け渡しているということは、前走の惨敗がよほどのイメージダウンにつながっているということか。

現役最強馬がまさかの陥落

 

 この結果には、SNSやネットの掲示板などでも「エフフォーリアが1位じゃないのは意外」「大阪杯で負けすぎて人気が落ちたのかな」といったコメントが集まっている。

「ちなみに、タイトルホルダーの主戦である横山和生騎手が今年すでに重賞4勝を挙げているのに対し、エフフォーリアの横山武騎手はナミュールで勝ったチューリップ賞(G2)わずか1つのみ。

昨年はG1・5勝を挙げるなど大ブレイクを果たした同ジョッキーですが、今年はメインレースでやや精細を欠いていることも、もしかしたら投票順位に影響を及ぼしているかもしれませんね」(競馬誌ライター)

 その一方で、宝塚記念は有馬記念と違い、ファン投票10位以内の馬に交付される特別出走奨励金などは存在しない。そのため、本馬のファンからは「投票順位はどうでもいい」「レースで1着が欲しい」といった声も上がっている。

 大阪杯ではゲート内で暴れた際に顔面を強打するなど、不運なトラブルにも見舞われていた。宝塚記念では改めて人馬の捲土重来に期待したいところである。

 なお宝塚記念のファン投票は、来月5日まで特設のWEBサイトにて受け付けている。2日に第2回中間発表、9日には最終結果発表が行われる予定だ。

 実際のレースよりもひと足早くタイトルホルダーが逃げ切るのか、それともエフフォーリアが巻き返すのか。引き続き注目してみたい。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
 キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRAエフフォーリア「人気低落」宝塚記念(G1)ファン投票でまさかの首位陥落……今季初戦「惨敗」でイメージダウン、人馬で期待される捲土重来のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内