GJ > 競馬ニュース > 凱旋門賞“大本命回避”でタイトルホルダーが大ピンチ!?
NEW

凱旋門賞“大本命回避”でタイトルホルダーが大ピンチ!?

【この記事のキーワード】, ,
凱旋門賞大本命回避でタイトルホルダーが大ピンチ!?の画像1
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 2か月後に迫ったヨーロッパの芝・最強馬決定戦、凱旋門賞(仏G1、10月2日)。今年は現時点で4頭の日本馬が出走を予定しており、例年以上の注目を集めている。

 そんななか、日本馬の陣営にとっては追い風となりそうなニュースが飛び込んできた。

 3戦無敗の英国ダービー馬デザートクラウンが凱旋門賞を回避し、年内を休養にあてる見込みであると、複数の海外競馬メディアが報じたのだ。

 主要ブックメーカーの多くでやや抜けた1番人気(暫定)に支持されていた“大本命”だっただけに残念なニュースではある。これにより、悲願を目指す日本馬にとってはチャンスが増大したと捉えられるだろう。

タイトルホルダーが大ピンチ!?

 そして、デザートクラウンに代わって1番人気に躍り出たのが、他でもないタイトルホルダー(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎)である。

 1日現在、英国の大手ブックメーカーの一つ、『ウィリアムヒル』はタイトルホルダーの単勝オッズを6倍に設定。これは連覇を狙うトルカータータッソなどの8倍を抑えて堂々の単独1番人気である。

 同じく英国の大手ブックメーカー『bet365』は、タイトルホルダーとフランスダービー馬のヴァデニを7倍で1番人気に設定している。ただし、ヴァデニは2000mの中距離路線に矛先を向ける可能性が高いともいわれており、ここでも実質タイトルホルダーが単独1番人気ということになる。

 大本命馬の回避のニュースとともに、俄然注目度が高まりそうなタイトルホルダーだが、もし本番でも1番人気に推されるようなら、G1では自身初となる。

「意外ですよね。これまで新馬戦、セントライト記念(G2)、日経賞(G2)と3度、1番人気に支持されていますが、G1では2番人気が最高でした。まだレースまで2か月あるので、オッズは変動する可能性がありますが、直行が濃厚ですし、3連勝の勢いも買われて、このままタイトルホルダーが1番人気のままになるんじゃないですかね」(競馬誌ライター)

 本番では逃げる可能性が高いとされるタイトルホルダー。もし最終的に1番人気で本番を迎えることになれば、あの競馬の格言が気になるところだ。

「日本の競馬界では昔から『1番人気の逃げ馬は危険』という格言があります。人気を背負うと、どうしても後続からのマークが厳しくなるためです。前に行くタイトルホルダーにとっては簡単なレースとはならないでしょうね」(同)

 他にも気になる格言がある。それが「長距離は騎手で買え」というもの。これもタイトルホルダーを苦しめることになるかもしれない。

「今や絶対的なコンビとなったタイトルホルダーと横山和生騎手ですが、同騎手は凱旋門賞どころか海外遠征も未経験です。アップダウンの激しいコースには、フォルスストレート(偽りの直線)などもあって、日本とはまるで異なります。長距離レースで絶対的な強さを誇るこの人馬ですが、いきなりの大舞台で、果たして横山和騎手が対応できるかどうか……。

他にも宝塚記念(G1)から直行で臨むローテーションが濃厚と言われていますが、これもマイナス要素になりかねません。これまで凱旋門賞で好走した日本馬はエルコンドルパサーのように現地滞在か、オルフェーヴルのように現地でひと叩きされたケースがほとんどでしたからね」(同)

 凱旋門賞への直行ローテ、海外経験皆無の鞍上、そしてマークが厳しくなる1番人気……。

 デザートクラウンの回避は、もしかしたらタイトルホルダー陣営にとってはありがたくない決断だったのかもしれない。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

凱旋門賞“大本命回避”でタイトルホルダーが大ピンチ!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”