GJ > 競馬ニュース > 今年は「初物尽くし」がトレンド、今週の注目騎手は
NEW

今年は「初物尽くし」がトレンド、今週の注目騎手は

今年は「初物尽くし」がトレンド、今週の注目騎手はの画像1
杉原誠人騎手

「(重賞初制覇について)時間はかかりましたが、フリーになって1年目で心機一転、何とか頑張りたいというところで勝てたのは大きいです」

 そう語ったのは、先月31日に行われたアイビスSD(G3)を、7番人気ビリーバーで勝利した杉原誠人騎手だ。

 コメントにもあるように、所属していた藤沢和雄厩舎が2月に解散したことで、3月からはフリーに転向した。デビュー12年目にしてようやく掴んだ重賞初制覇は、これまで味わったことのない格別なものだったに違いない。

今年は「初物尽くし」がトレンド

 そして今年の重賞では、いわゆる騎手界の「初物尽くし」が続いているのも事実。

 2月には、4年目の岩田望来騎手が京都牝馬S(G3)をロータスランドで重賞初制覇。3月の高松宮記念(G1)では、16年目の丸田恭介騎手がナランフレグでG1初制覇を決めている。

 また同月に7年目の荻野極騎手がオーシャンS(G3)をジャンダルムで重賞初制覇を達成すると、5月の天皇賞・春(G1)は12年目の横山和生騎手がタイトルホルダーでG1初制覇を飾った。

 この流れはさらに続き、先月のCBC賞(G3)では新人の今村聖奈騎手がテイエムスパーダとのコンビで重賞初騎乗・初制覇をあげるなど、近年稀に見る、騎手たちの記念すべき重賞初勝利が話題となっている。

 そんな波に乗りたいのは、いまだ重賞勝ちの無い騎手だろう。

今年は「初物尽くし」がトレンド、今週の注目騎手はの画像2
水口優也騎手

 今週末に行われる重賞で最も初制覇に近い存在と言えるのが、エルムS(G3)でブラッティーキッドに騎乗する水口優也騎手ではないだろうか。

 2日現在、『netkeiba.com』の単勝予想オッズで3番人気となっている注目馬であり、13年目を迎えた苦労人も力が入るだろう。

 水口騎手は、ここまで計24回の重賞に挑戦したものの、2着が2回、3着が2回と戴冠には至っていない。

 一番惜しかったレースといえば、2017年のCBC賞(G3)だろうか。セカンドテーブルと臨んだ一戦だった。

「とにかく惜しい…勝つ時のレースは出来ました」

 レース後の開口一番、悔しさを滲ませたのも無理はなかった。13番人気と低評価ながらレースでは果敢に先行し、直線では逃げたアクティブミノルを交わし初戴冠は目の前と思われた。しかし、無情にも最後方にいたシャイニングレイの強襲に合いハナ差2着に惜敗してしまう。

 その後も、同コンビで翌年のCBC賞で3着、昨年の函館記念(G3)をアイスバブルで2着と見せ場は作るものの、あと一歩届かない状況が続いている。

 ただ、今回ばかりはこれまでと期待感がまるで違うことも確か。

 過去24回の重賞挑戦で3番人気以内の上位人気馬に騎乗のなかった水口騎手だが、ブラッティーキッドはこれまでに比べて本命級といえる存在。地方から合わせて8連勝中と勢いもある。同じく人気を集めそうなオメガレインボーやウェルドーンと比較しても、チャンスは十分と言えるだろう。

「まだオープンに上がったばかりでチャレンジャー。でも、自信を持って乗れる成績ではきていますね」

 先日、『スポーツ報知』の取材にそう応じた水口騎手。今年の重賞戦線で起こっている「初物尽くし」の波に乗って、今度こそ勝利を掴み取ることは出来るだろうか。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
 ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

今年は「初物尽くし」がトレンド、今週の注目騎手はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?