GJ > 競馬ニュース > 「わずか2回」M.ミシェル騎手に心配の声…JRA試験に万全強調も「まるで新外国人選手」
NEW

「わずか2回」M.ミシェル騎手に心配の声…JRA試験に万全強調も「まるで新外国人選手」

【この記事のキーワード】, ,

「わずか2回」M.ミシェル騎手に心配の声…JRA試験に万全強調も「まるで新外国人選手」の画像1

「いい答えがたくさんできたと思います」

 28日、千葉県白井市の競馬学校でJRA通年騎手免許試験の第1次試験が行われ、ミカエル・ミシェル騎手が取材に応じた。幸いにも「いい点が取れたと思う」と手応えは上々のようだ。

 2019年にWASJ(ワールドオールスタージョッキーズ)出場のために初来日。「美しすぎるジョッキー」と称されるルックスも然ることながら「日本に恋をしました」という発言はメディアでも大きく取り上げられ、日本の競馬ファンの中にもミシェル騎手に“恋”をした人は少なくない。

 その後も、日本競馬への思いを様々な形で発信しているミシェル騎手。2020年にも騎手免許試験を受けるつもりだったが、新型コロナウイルスの影響で断念せざるを得なかった。今回は本人はもちろん、ファンにとっても待望の挑戦になる。

 だからこそ、最初の難関である1次試験で本人が好感触だったのは、日本全国のミシェルファンにとっても、この上ない朗報だろう。藤田菜七子騎手や今村聖奈騎手など、女性ジョッキーの活躍が大きく注目されている昨今、もし「JRA騎手ミカエル・ミシェル」が誕生すれば、日本の競馬界はまた1つ大きなコンテンツを手にするはずだ。

「わずか2回」M.ミシェル騎手に心配の声…

 だが、その一方で一部のファンからは、早くも不安の声が聞かれている。

「コンニチハミナサンと、ガンバッテネだけか……」

 ファンからそんな声が聞かれたのは、競馬大手ポータルサイト『netkeiba.com』が27日に公開したミシェル騎手の独占インタビューだ。

 1次試験を直前に控えたミシェル騎手に、その心境と2年ぶりの日本について、さらには週末に母国フランスで開催される凱旋門賞(G1)の展望などを聞いた内容はファン必見と言える。だが、その一方で試験合格を期待するファンからすれば「少々、心配……」と言われても仕方ないかもしれない。

「約2分30秒ほどのインタビューでしたが、現在は米国で騎乗していることもあって終始、英語でしたね。英語で受験できる1次試験には大きなプラスですし、本人も話している通り、手応えがあったことにも納得できます。

ただ、口頭試験がある2次は、どうしても日本語が必要になりますから……。

“先輩”のC.ルメール騎手やM.デムーロ騎手が、勝利騎手インタビューを日本語で受けていることは全国の競馬ファンが知っていると思いますが、2次試験を突破するにはあのくらいは話せないと厳しいのかもしれません。

その点、ファンの方が指摘されていた通り、インタビュー動画内のミシェル騎手の日本語は冒頭の『皆さん、こんにちは』と最後の『ガンバッテネー』(字幕ママ)の二言だけだったのは少し残念でした」(競馬誌ライター)

 これにはネット上の競馬ファンからもSNSや掲示板などでも「(日本語の)勉強はこれからかな?」「日本語じゃないのかー」「新外国人選手のヒーローインタビューみたい」と、ミシェル騎手の日本語を心配する声が続々……。

 多くの応援する声の中には「このままじゃ無理だろうな」「(試験に)落ちると確信した」といった厳しい声もあった。試験前の取材では「もう準備はすべて終えているつもり」と本人が語っていただけに、落胆も小さくはなかったようだ。

「過去にはデムーロ騎手や『合格確実』と言われていた香港のJ.モレイラ騎手らが不合格の憂き目に遭っており、外国人騎手たちにとってJRAの騎手試験合格は決して簡単なことではありません。

中でも最も高いハードルになるのが、やはり日本語。英語からドイツ語、イタリア語のように外国語を覚える際は、元々持っている母国の言語が大きな助けになりますが、日本語はそういったきっかけがあまりないんですよね。私も外国人の関係者から『日本語は本当に難しい』といった話を何度も聞いたことがあります。

いずれにせよ、2次試験は来年の1月とまだ時間もありますし、1次試験が終わった際の囲み取材でミシェル騎手が『話すより聞く方が得意』と言っていたので、その辺りに期待するしかないでしょうね」(競馬記者)

「もし不合格ならとても悲しいけど、それでも来年もぜひチャレンジしたい」

 1次試験後にそう話していたミシェル騎手。28日にはメディア各社が一斉に1次試験の手応えを報じるなど異例の注目を集めているが、日本の競馬ファンとの“両想い”は果たして実るのか。まずは来月6日の1次試験合格発表が注目される。

銀シャリ松岡

銀シャリ松岡

天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

「わずか2回」M.ミシェル騎手に心配の声…JRA試験に万全強調も「まるで新外国人選手」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感