GJ > 競馬ニュース > 川田将雅、武豊、C.ルメール不在がサイン!? スプリンターズSに「8年ぶり」の波乱注意報
NEW

川田将雅、武豊、C.ルメール不在がサイン!? スプリンターズSに「8年ぶり」の波乱注意報

【この記事のキーワード】, ,

川田将雅、武豊、C.ルメール不在がサイン!? スプリンターズSに「8年ぶり」の波乱注意報の画像1

 10月2日の中山競馬場では、秋G1の開幕を告げるスプリンターズS(G1)が行われる。同日夜には日本馬4頭が出走する凱旋門賞(仏G1)も控えており、週末を楽しみにしているファンも多いだろう。

 人気の中心はメイケイエール(牝4歳、栗東・武英智厩舎)か。先日、写真集も発売されたアイドルホースは、4度続けて跳ね返されているG1レースで“五度目の正直”を狙う。

 その他にはスプリント戦で複勝率100%のナムラクレア(牝3歳、栗東・長谷川浩大厩舎)、距離適性は未知数も実績ではNo.1のシュネルマイスター(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)、春のスプリント王者ナランフレグ(牡6歳、美浦・宗像義忠厩舎)などが人気を集めそうだ。

 どの馬が勝っても驚けない好メンバーだが、参戦する騎手に目を向けると寂しいという印象は拭えない。というのも、スプリンターズSは凱旋門賞(仏・G1)と開催日が重なることが多く、日本馬の出走に合わせて、日本の騎手が遠征することも度々だ。

 ここ2年はコロナ禍の影響もあってか、日本馬は欧州の騎手を鞍上に迎えていたが、今年はリーディングトップの川田将雅騎手をはじめ5人の騎手がフランスへ渡航を予定している。(凱旋門賞騎乗は川田将雅、C.ルメール、横山和生、武豊の4名。M.デムーロは騎乗予定なし)

 トップジョッキーの多くが不在となるため、スプリンターズSにも少なからず影響があるかも知れない。同レースは7年連続で3番人気以内の馬が勝っており、人気サイドの決着も多いのだが、勝利騎手もまた、その年のリーディングで5位以内に入っている騎手とのコンビだった。

 今年の人気馬でこれに該当するのは、横山武史騎手とシュネルマイスターのコンビくらいのため、7年続いた傾向を信じて買う手もあるだろう。ただ、同馬は初めてのスプリント戦で、秋の目標にマイルCS(G1)を見据えていると手塚調教師も明言。全幅の信頼を寄せていいかといえば、不安もある。

スプリンターズS「8年ぶり」の波乱注意報

 そこで視点を変えてみると、上位人気馬の勝利が切れ目となっている8年前も今年と近い状況であったことに気付いた。

 2014年の凱旋門賞には日本からゴールドシップ、ジャスタウェイ、ハープスターの3頭が出走。それに伴い、横山典弘・福永祐一・川田将雅という歴代最多の日本騎手3名がロンシャン競馬場で騎乗した。

 この年のスプリンターズSを制したのは、13番人気のスノードラゴンとリーディング31位の大野拓弥のコンビ。ちなみに大野騎手はこれがG1初勝利でもあった。偶然といってしまえばそれまでだが、トップジョッキーが多数海外に遠征していたことも、全く無関係だったとも言い切れないのではないか。

 そういう意味では、個人的に注目したいG1未勝利騎手が8人いたため、この場を借りて触れておきたい。

▼G1未勝利の注目騎手とその騎乗予定馬
・丹内祐次(メイショウミモザ)
・国分恭介(テイエムスパーダ)
・菱田裕二(ラヴィングアンサー)
・鮫島克駿(トゥラヴェスーラ )
・荻野極(ジャンダルム)
・菊沢一樹(マリアズハート)
・西村淳也(ヴェントヴォーチェ)
・団野大成(ファストフォース)

 振り返れば、今年の高松宮記念(G1)を優勝したのは、8番人気のナランフレグとG1初勝利を飾った丸田恭介騎手のコンビ。多くのトップジョッキーが不在となる今回、上記の騎手が大金星を挙げても不思議ではないかもしれない。

川田将雅、武豊、C.ルメール不在がサイン!? スプリンターズSに「8年ぶり」の波乱注意報のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?