GJ > 競馬ニュース > 武豊も「後味が悪い」と苦言…反省のG1勝ちから6年、浜中俊が特別な想いで迎えるスプリンターズS
NEW

武豊も「後味が悪い」と苦言…反省のG1勝ちから6年、浜中俊が特別な想いで迎えるスプリンターズS

武豊も「後味が悪い」と苦言…反省のG1勝ちから6年、浜中俊が特別な想いで迎えるスプリンターズSの画像1
浜中俊騎手

 10月2日、中山競馬場ではスプリンターズステークス(G1)が開催される。

 秋のG1シーズン到来を告げる短距離王決定戦に、今年も快速自慢が集結。中でも大きな注目を集めているのが、前哨戦のセントウルS(G2)を制したメイケイエールと、夏のスプリント王という看板を引っ提げて出てくるナムラクレアの初対決である。

 人気を集めることが予想されるこの2頭の共通点と言えば、父がミッキーアイルであるということ。勝てば産駒の初G1制覇ということにもなるが、この点に関してはナムラクレアの鞍上である浜中俊騎手にとって、より一層力の入るポイントとなることだろう。

 ミッキーアイルと浜中騎手と言えば、2013年9月のデビュー戦から引退レースとなった2016年12月の阪神C(G2)まで、キャリアの全20戦中16戦でコンビを組んだ“相棒”である。

 このコンビで計6勝を挙げており、2014年のNHKマイルC(G1)と2016年のマイルCS(G1)を含む重賞を5勝。名コンビとして多くのファンの記憶にも焼き付いている。

 しかし、輝かしい実績を残した一方で、決して良い思い出だけではないのも事実。ミッキーアイルにとって生涯最後のG1勝利となった2016年のマイルCSでは、浜中騎手の騎乗がレースに多大な影響を及ぼしている。

 4歳になってから短距離路線を中心に使われていたミッキーアイルだが、勝ち鞍は3歳秋のスワンS(G2)が最後。「リフレッシュしてもう1度マイルを使ってみよう」という陣営の判断もあり、約1年半ぶりにマイル戦への参戦を決めた。

 ゲートが開くと持ち前のスピードでハナを奪い、リードを保ったまま直線へ。2番手からネオリアリズムが迫ってきたが、先頭を譲ることなく最後の200mを迎える。

 前で競り合う2頭を目がけて差し馬勢も詰めてくる中、ミッキーアイルは坂を迎えても根性を発揮。しかし、最後のひと踏ん張りをと浜中騎手が右ムチを入れたのが影響したか、ミッキーアイルの進路が徐々に外側へと向かって行く。

 すると、馬体を併せていたネオリアリズムがそのあおりを受けて外にヨレてしまい、後続のサトノアラジンとディサイファ、さらにダノンシャークまでもが玉突き事故のように接触。あわや大事故というシーンを招いてしまった。

武豊騎手も「後味が悪い」と苦言…

 結局、ミッキーアイルは最後まで先頭を譲らずゴール。審議の結果、不利を受けなかったとしても勝ち馬に先着できた被害馬はいなかったという判断により、降着処分はなし。2年6カ月ぶりとなるG1勝利が確定したのだが、浜中騎手には「開催8日間(11月26日~12月18日まで)の騎乗停止」という重い処分が下っている。

 レース後、5着に終わったサトノアラジンの川田将雅騎手が「最後も良い勢いで伸びていたのですが……つくづく運がないのだなと思いました」と振り返れば、落馬寸前までバランスを崩して10着に敗れたディサイファの武豊騎手も「直線まで良いレースができていましたが、後味が悪いですね。転倒しなくて良かったです」と苦言を呈した。

 勝利した浜中騎手でさえも、本来であれば歓喜のインタビューとなるはずが、第一声から「直線で外に斜行してしまい申し訳ない気持ちです」と反省の弁を述べたほど。相棒・ミッキーアイルにも「2つ目のG1タイトルとなりましたが、すごく後味の悪い結果にしてしまって本当に申し訳ない」と謝罪の意を表した。

武豊も「後味が悪い」と苦言…反省のG1勝ちから6年、浜中俊が特別な想いで迎えるスプリンターズSの画像2
ナムラクレア

 そんな酸いも甘いも経験した元パートナーの産駒で勝利したこともあってか、ナムラクレアとのコンビで昨夏の小倉2歳S(G3)を制した際には、思わず大きなガッツポーズが飛び出した。

 以降はすべてのレースで手綱を取り、函館スプリントS(G3)では減量ギリギリの「斤量50キロ」に挑戦してまで騎乗を決断。実に14年ぶりという過酷な減量に耐えてでもナムラクレアと戦うことを望んだのは、この秋のビッグタイトルに懸けていたからだ。

 スプリントG1のタイトルというのは、父ミッキーアイルにとっての悲願。同馬は高松宮記念(G1)とスプリンターズSを2回ずつ、計4回挑戦したものの最高成績は2着。頂点には一歩届かなかった。

 実は5歳秋にマイルCSで復活のG1星を挙げた後も、暮れの阪神Cから始動して翌春の高松宮記念を目指していく予定だったが、「2017年の種付けシーズンに間に合うから」という理由で翌年1月末に電撃引退が決定。急転直下で現役生活に幕を下ろすことが決まった。

 父が果たせなかったスプリントG1制覇は子どもたちへと受け継がれ、あれから5年が経った2022年秋に2頭が挑戦。どちらが勝っても悲願達成には変わりないのだが、やはり浜中騎手には人一倍燃えるものがあるはずだ。

 6年前の悔しさを晴らし、ミッキーアイル産駒の初G1制覇を、父の悲願であったスプリント戦で成し遂げることができるか。浜中俊とナムラクレアのコンビから目が離せない。

木場七也

木場七也

29歳・右投右打。

本業は野球関係ながら土日は9時から17時までグリーンチャンネル固定の競馬狂。

ヘニーヒューズ産駒で天下を獲ることを夢見て一口馬主にも挑戦中。

武豊も「後味が悪い」と苦言…反省のG1勝ちから6年、浜中俊が特別な想いで迎えるスプリンターズSのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?