GJ > 競馬ニュース > シャフリヤールと接戦「あの超大物」の再始動に「G1で見たかった」の声
NEW

シャフリヤールと接戦「あの超大物」の再始動に「G1で見たかった」の声

【この記事のキーワード】, ,
シャフリヤールと接戦「あの超大物」の再始動に「G1で見たかった」の声の画像1
岩田望来騎手

 今年6月のエプソムC(G3)を回避して休養に入っていたプログノーシス(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)が、30日に阪神競馬場で開催されるカシオペアS(L)で復帰することがわかった。鞍上は新コンビの岩田望来騎手になるという。

 昨年3月の未勝利戦で川田将雅騎手とともにデビュー勝ちを収めたディープインパクト産駒のプログノーシスは、そこから中1週で果敢に毎日杯(G3)に挑戦。

 レースでは3着に敗れたが、後に日本ダービー(G1)を制するシャフリヤールや、同レースで4着に入るグレートマジシャンと好勝負を演じたことで、一躍その名が知れ渡った。

 春クラシック出走は叶わなかったものの、その後は約2ヶ月の休養を経て臨んだ1勝クラスの快勝を皮切りに怒涛の3連勝を決め、見事にオープン入りを果たしている。

「6月の中京で行われた1勝クラスでは、後にローズS(G2)を勝利し、今週土曜の府中牝馬S(G2)でも上位人気が予想されるアンドヴァラナウトを相手に3馬身差の完勝を収めました。

その後の2戦もレース上がりを大きく上回る最速上がりで連勝しているだけに、プログノーシスが秘めている能力は重賞級か、それ以上だと思われます」(競馬誌ライター)

「G1で見たかった」の声も…

 ここまでキャリア5戦4勝。まだ底を見せていない大器の再始動には、SNSやネット掲示板などにも「いよいよ超大物が復活か」「ここも通過点にしてほしい」などの書き込みが集まったのも当然だろう。

 ただ、中には「どうせなら(同日に行われる)天皇賞・秋(G1)で見たかった」といった声も一部のファンから寄せられている。

 今年の天皇賞・秋は想定段階でかなりの少頭数になることも報じられているため、賞金面でやや不安のあるプログノーシスも、登録さえすれば出走が叶う可能性がある。

 先述の通り、3歳時にはシャフリヤールらと接戦しており、もともと実力は折り紙つき。阪神2000mで行われた前走・京橋S(3勝クラス)の勝ち時計1分58秒3も、その前の週にポタジェが勝った大阪杯(G1)のタイムを上回っていた。

 一般的に競走馬の充実期といわれる4歳秋のシーズンを迎えているだけに、どうせなら同日の裏ではなく、表で開催されるG1でその姿を見たかったというのが、ファンの本音なのかもしれない。

「ただ、ここまでのローテーションを見るとそれほど体質が強くもないと思われるプログノーシスだけに、反動面などを考慮するとリステッドからの再スタートとなるのもある程度は仕方ないでしょうか」(同)

 カシオペアSの後にも古馬G1は、マイルCSやジャパンC、有馬記念などが控えている。しかし、出走間隔や本馬の距離適性などを考えると、参戦はあまり現実的ではないかもしれない。

 となると、プログノーシスの姿が大舞台で見られる日が来るのは、早くても来年の大阪杯あたりか。現時点では収得賞金などもまだ心細いため、まずは復帰戦での好レースを期待したい。

シャフリヤールと接戦「あの超大物」の再始動に「G1で見たかった」の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬