GJ > 競馬ニュース > 天皇賞・秋ジャックドールに不穏な空気…陣営が漏らした「物足りない」の意味
NEW

天皇賞・秋ジャックドールに不穏な空気…陣営が漏らした「物足りない」の意味

【この記事のキーワード】, ,

天皇賞・秋ジャックドールに不穏な空気…陣営が漏らした「物足りない」の意味の画像1

 今年の天皇賞・秋(G1)にはジオグリフ、イクイノックス、ダノンベルーガといった春のクラシック戦線を沸かせた3歳馬たちが名を連ねたが、それらを迎え撃つ古馬の1頭がジャックドール(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎)である。

 昨秋の1勝クラス突破を皮切りに、破竹の5連勝で今春の金鯱賞(G2)を制覇し、一気に重賞ウィナーにまで上り詰めた。G1初挑戦となった大阪杯(G1)では5着に敗れたものの、秋からコンスタントに出走を重ねた末に、中2週で挑んだことを踏まえれば、力の片鱗を十分に感じられる内容であった。

 大目標となる天皇賞・秋制覇に向け、しっかりと休養を挟んだ上で、始動戦として挑んだ札幌記念(G2)を快勝。そこから中9週と程よく間隔の空いたローテーション、舞台も過去に2勝を挙げている東京2000mとあって、大阪杯と比較しても条件が好転するといえるだろう。

 戦績や臨戦過程にはこれといって非の打ちどころがなく、この舞台で上位人気の一角を担うことにも納得がいく。ベストともいえる条件で、G1の舞台でどこまで戦えるのか、その走りに期待を寄せているファンも多いはずだ。

 だが26日に行われた共同会見を見ると、ジャックドールのコンディションについて、陣営から少々気になるコメントが出されてもいた。

ジャックドールに不穏な空気…

 長らくジャックドールの主戦を務め、天皇賞・秋でも騎乗する藤岡佑介騎手は、1週前追い切りについて「バランスが前に突っ込んでいる感じで折り合いに苦労した。時計は出ているが乗っている体感としてはあまり…という動きだった」と不安を漏らした。

 1週前追い切りは栗東のウッドコースで6ハロン79.7-11.5秒と抜群の時計を叩き出し、併せた古馬オープン馬のノルカソルカにも先着している。これを見る限りでは決して悪くない内容に思えるが、鞍上は目に見えないところで物足りなさがあったのかもしれない。

 当週追い切り後の感触については「先週に比べれば良いバランスで走れていた。しまいの反応は先週より良化した」と一定の手応えを感じたようだが、今度はジャックドールを管理する藤岡師から「全体の時計からいうと物足りない部分もある」という不穏なコメントが飛び出したのだから穏やかではない。

 実は不思議なことに、前走で共に札幌記念を戦ったパンサラッサも1週追い切りは満足のいく内容ではなかったようだ。管理する矢作師は共同会見にて「まだまだ物足りないと感じた」と1週前追い切り時点での感触を語っている。

 2頭が出走した札幌記念は、雨の影響が残るタフな洋芝の中で、レースの上がり3ハロンが37秒も要したハードな戦いだったこともまた事実。それでいて最後の直線でジャックドールはパンサラッサとの壮絶な叩き合いを見せており、本番さながらのデッドヒートを演じていたのだ。

 また、藤岡師はジャックドールについて「元々疲れが溜まりやすい体質」と語っており、大阪杯についても「(中2週で)馬に可哀そうなことをした」と敗因の1つに体質面の弱さを挙げている。札幌記念からは中9週と十分な間隔が空いているものの、前走のレース内容を鑑みれば目に見えないダメージが残っている可能性もあるだろう。

 思い返せば今秋のG1レースで1番人気を背負いながら惨敗したメイケイエール、ガイアフォースも前哨戦を快勝しながら、本番では能力を発揮できないまま敗れた印象が強い。

 メイケイエールはスプリンターズS(G1)の前哨戦として臨んだセントウルS(G2)でレコードをマークする快勝。ガイアフォースは菊花賞(G1)のトライアルであるセントライト記念(G2)で、関東への輸送を挟んだ上でアスクビクターモアとの激しいマッチレースを勝利している。

 2頭ともに前哨戦では“激走”ともいえる高いパフォーマンスを見せているが、レース内容を考えれば、馬体への負担も小さくなかったはずである。本番で2頭が共に敗れたことは、前哨戦の激走と無関係ではなさそうだ。

 もしかしたらジャックドールについても、札幌記念の疲れが陣営の想像以上に残っていた結果、それが追い切りでの違和感に繋がっているのかもしれない。果たしてこの不穏な空気は杞憂に終わるのか、それとも懸念が現実のものとなるのか。ジャックドールの状態面については、当日のパドックでも注視したいところである。

天皇賞・秋ジャックドールに不穏な空気…陣営が漏らした「物足りない」の意味のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内