GJ > 競馬ニュース > “運命を変えた0.1秒差”。2016年JRAアルゼンチン共和国杯シュヴァルグランと大魔神の勝利
NEW

“運命を変えた0.1秒差”。2016年JRAアルゼンチン共和国杯シュヴァルグランと大魔神の勝利

運命を変えた0.1秒差。2016年JRAアルゼンチン共和国杯シュヴァルグランと大魔神の勝利の画像1
連覇を果たしたオーソリティが不在。今年のアルゼンチン共和国杯は波乱必至!

■ジャパンCへ続く道…

 今週末に行われるアルゼンチン共和国杯(G2)は、11月27日に行われる国際競走ジャパンC(G1)の前哨戦としても知られている。過去にアルゼンチン共和国杯を勝利しジャパンCも制したのはスワーヴリチャード、スクリーンヒーロー、シュヴァルグランなど。いずれもジャパンCは伏兵的存在であったが、特にインパクトの大きかった勝利はシュヴァルグランであろう。

 ジャパンCでシュヴァルグランが負かしたのはキタサンブラック、レイデオロ、マカヒキ、レインボーライン、ソウルスターリング、サトノクラウン、ワンアンドオンリーや外国勢など強豪ばかり。あの勝利は同馬の存在を世界に知らしめた。しかし、それ以前にアルゼンチン共和国杯を勝利していなければ、おそらくジャパンCへ進む道は開けなかっただろう。

 2016年のアルゼンチン共和国杯は、シュヴァルグランを筆頭に、モンドインテロ、アルバート、ヴォルシェーブ、フェイムゲーム、ワンアンドオンリーといった実力馬が揃った。レースは休み明けで58kgを背負ったシュヴァルグランを、鞍上福永祐一騎手が巧みな騎乗で操り、わずか0.1秒差ではあったが、着差以上に危なげない勝利だった。2着にアルバート、3着はヴォルシェーブが入線。オーナーである佐々木主浩氏はシュヴァルグランとヴォルシェーブとの2頭出しで1着3着となり、文句なしの結果だった。

 当時、アルゼンチン共和国杯のレース前に、同馬のオーナーである佐々木氏は、競馬ポータルサイト「うまスクエア」で連載する自身のコラムにて『シュヴァルグランはメンバー的にここでは負けられない』と語っている。また、ジャパンCのレース前にも『予定通り京都大賞典から使えた今年の方が間隔的にも余裕があり、中間もしっかりと調教を積む事ができました。デキは(3着だった)昨年以上』と語っている。もちろんオーナー視点であるがゆえ、応援を含めた見方もあるだろう。だが、事前にコラムを参考にしていれば、シュヴァルグランが勝利するチャンスに誰もが気づいていたはず。それほど価値のある記事であった。

 そんなコラムを無料で見ることができるのが、競馬がもっともっと楽しくなる!競馬もりあげサイト「うまスクエア」だ。そしてうまスクエアで佐々木氏が連載している独占コラムが「大リーグボール22号」である。佐々木氏は元プロ野球選手として名球会に所属するなど、誰もが知るレジェンド的な存在。馬主としても、少ない所有数ながら数多くのレースを勝利。ここまで所有したのは30頭ほどだが、それでも重賞を11勝うちG1を5勝と驚異的な引きを見せている。

 今年もシュヴァルグランの弟であるグランヴィノスが、10月10日の新馬戦を勝利。騎乗した川田将雅騎手も期待のコメントを残しており、前途洋々といったところ。そんな佐々木氏が、愛馬や重賞レースの見解を語るコラムは必見。先日の菊花賞(G1)も圧巻の予想を披露した。勝ったアスクビクターモアを本命に指名し、7番人気2着ボルドグフーシュ、3着ジャスティンパレスまでズバリ。本職の競馬記者も驚くほどの結果を残している。

運命を変えた0.1秒差。2016年JRAアルゼンチン共和国杯シュヴァルグランと大魔神の勝利の画像2
グランヴィノスは来年のクラシックで活躍が期待される素質馬

 うまスクエアはさまざまなコンテンツで、あらゆる競馬ファンのニーズに応えている。今週末のアルゼンチン共和国杯やみやこS(G3)、ファンタジーS(G3)、京王杯2歳S(G2)、そして来週末のエリザベス女王杯、そしてマイルCS 、ジャパンC、有馬記念といったG1レースを徹底的に検証するなら、うまスクエアの人気コンテンツ「重賞攻略パック」は超オススメだ。【データ・実績・追い切り】など多種多様な要素をプロが検証し、重要なポイントをピックアップして教えてくれる。秋華賞(G1)では、1着スタニングローズと2着ナミュールをピックアップしてファンを驚かせるなど、その存在は競馬ファンの間でも急上昇。

 今週のアルゼンチン共和国杯には、昨年のホープフルS(G1)を勝利したキラーアビリティや、今年のダイヤモンドS(G3)を制し、春の天皇賞(G1)で3着に好走したテーオーロイヤルといった実力馬が出走するものの、中心馬不在の混戦模様で波乱含みとなっている。いわゆるファン泣かせの難解なレースだが、この「重賞攻略パック」を使えば安心して勝負できるだろう。どんな見解なのか、どんな馬をピックアップしてくれるのか、週末が非常に楽しみである。なお、本日の時点で最新情報がすでに無料でアップされている。今から読んでも間に合うので、なるべく早くチェックしておくことをオススメしたい。

運命を変えた0.1秒差。2016年JRAアルゼンチン共和国杯シュヴァルグランと大魔神の勝利の画像3
秋華賞ではスタニングローズとナミュールをピックアップ!

 また、競馬界のちょっとした裏話が知りたいなら、「馬券情報・最前線」を読むといい。うまスクエアには“美浦のブレーン”、さらに“栗東の事情通”と呼ばれる関係者がおり、一般的な競馬マスコミでは知らないような、競馬関係者のこぼれ話や裏話を把握している。そんな競馬ネタも無料で読ませてくれるのが、うまスクエアだ。

 例えば、秋華賞では『ナミュールと横山武史騎手の意気込み』が書かれており、このコラムのおかげで馬券が取れたという声もちらほら。毎週東西の裏ネタが公開され、今週もアルゼンチン共和国杯などの裏話が読めると思うので、友人に差を付けるためにも必ずチェックしておこう。またこれらのコラムはバックナンバーで見ることができ、もちろん無料だ。ちょっと時間を持て余した時、気軽に読めるのは嬉しい限り。非常にありがたいコンテンツといえる。

 他にも、馬券購入まで時間がない時に参考になる『カンタン即実践!1分BOX予想』や、血統をシンプルに学べる『穴馬券ネオメソッド』など、さまざまなコンテンツ、そして週末の参考になるメールマガジンもあるので、こちらも忘れずにチェックしておこう。

 うまスクエアはすべての競馬ファンに【もっともっと競馬を楽しんでもらいたい】という思いから、日々新しいコンテンツを企画している。もしかしたらこの記事が掲載されている時にも、新たなコンテンツがスタートしているかもしれない。これから盛り上がるJRAのG1シーズンをもっともっと楽しむためにも、うまスクエアをしっかりと活用していきたい。
CLICK→完全無料!【大魔神・佐々木主浩のG1・重賞予想&重賞攻略ファイルetc】うまスクエア
※本稿はPR記事です。

“運命を変えた0.1秒差”。2016年JRAアルゼンチン共和国杯シュヴァルグランと大魔神の勝利のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ