GJ > 競馬ニュース > ドウデュース不在のジャパンC(G1)「日本総大将」背負う先輩ダービー馬に募る不安
NEW

ドウデュース不在のジャパンC(G1)「日本総大将」背負う先輩ダービー馬に募る不安

【この記事のキーワード】, ,
ドウデュース不在のジャパンC(G1)「日本総大将」背負う先輩ダービー馬に募る不安の画像1
シャフリヤール 競馬つらつらより

 秋古馬三冠路線の第1ラウンド天皇賞・秋(G1)が終わり、早くも1か月後のジャパンC(G1)に関する話題が増えてきた。

 当レースについては10月に凱旋門賞(G1)を制したアルピニスタが参戦に前向きなコメントを残している他、多数の海外馬が予備登録をしていることもあって、今年は国際色豊かな顔ぶれが揃いそうである。

 一方でそれらを迎え撃つ日本馬の陣容も徐々に明らかになってきてきた。中でも注目は昨年の日本ダービー(G1)を制したシャフリヤール(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)ではないだろうか。

 本馬は前走の天皇賞・秋に臨む以前からジャパンCを今秋の目標に掲げてきた。3月のドバイシーマC(G1)を勝利していることから、最大で200万ドルの報奨金が得られることもあり、勝負度合いは高いはずだ。

 しかし、そのシャフリヤールにも一抹の不安が存在する。

「日本総大将」背負う先輩ダービー馬に募る不安

 それは今夏に欧州遠征を経験したことの影響である。2000年以降に日本ダービー(G1)を制した馬の中で、後に欧州遠征を敢行した馬は8頭いる。だが実は、そのうち帰国後に日本のG1で勝利を挙げたのは、現段階でディープインパクトとオルフェーブルだけだ。三冠を達成している2頭を除いた6頭はG1勝利はおろか、3着以内に食い込むことすら一度もできていない。

 欧州遠征からの帰国後のレースでは、本来のパフォーマンスを発揮できなかった歴史があるのだ。

 こうした“先輩”ダービー馬たちの戦績を辿るかのように、シャフリヤールは帰国初戦となった天皇賞・秋で5着に敗れてしまった。古馬の大将格として2番人気の評価を受けていたが、勝ったイクイノックスから0.6秒差の完敗に終わっている。

 レース後に鞍上のC.デムーロ騎手は「直線は休み明けの分か、反応しきれず、ジリジリという感じの脚になった。次は良くなると思う」と敗戦の弁を述べていている。休み明けの影響が大きかったことを強調したが、その前走は英国のプリンスオブウェールズS(G1)だった。

 また、シャフリヤールの1年“後輩”のダービー馬であり、ジャパンCの参戦を目標としてきたドウデュースだが、結局参戦を見送った。同馬を管理する友道康夫師によると「もう少し時間が欲しい」と19着に敗れた凱旋門賞からのリカバリーに時間を要していることが、今回の決断に至った理由となっているようだ。

 欧州遠征は当地のタフな馬場に加えて、長距離の輸送や環境の変化など、競走馬へかかる負担は小さくはない。歴代のダービー馬が日本復帰後に苦しんでいることも、欧州遠征のケアの難しさを表している結果といえる。

 天皇賞・秋で敗れはしたものの、イクイノックスの動向次第ではジャパンCで「日本総大将」として外国馬を迎え撃つこととなりそうなシャフリヤール。本来のパフォーマンスを取り戻し、府中の舞台で再びの戴冠を果たせるだろうか。状態面のケアに関する陣営の手腕も含めて、本馬の動向に注目していきたい。

ドウデュース不在のジャパンC(G1)「日本総大将」背負う先輩ダービー馬に募る不安のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も