GJ > 競馬ニュース > 武豊「追い切り代わり」のリベンジ苦戦濃厚? アルピニスタ以外もジャパンCに難敵
NEW

武豊「追い切り代わり」のリベンジ苦戦濃厚? アルピニスタ以外もジャパンCに難敵

【この記事のキーワード】, ,
武豊「追い切り代わり」のリベンジ苦戦濃厚? アルピニスタ以外もジャパンCに難敵の画像1
ドウデュース 競馬つらつらより

 2日の凱旋門賞(仏G1)で19着に大敗したドウデュースだが、国内復帰戦にジャパンC(G1)を予定していることは、武豊騎手の公式サイトでの発表で明らかになっている。

 本来の走りが見られずに失意の帰国となった今年のダービー馬だが、道中は終始後方のままで全力を出し切れなかったことは、肉体的なダメージを少しは和らげてくれたのかもしれない。

 レース後も元気な姿を見せていたことはよかった。4着に敗れた前哨戦のニエル賞(仏G2)でも「追い切りを兼ねたスクーリング」も兼ねていたと武豊騎手が振り返った通り、まだまだ復調途上だったということだろう。

 結果的にフランスでの2戦がどちらも不完全燃焼に終わったとはいえ、凱旋門賞の馬場は直前の雨で非常にタフなコンデイションだったことも日本馬を苦しめた。今度はホームでライバルを迎え撃てるジャパンCでリベンジといきたいところである。

 だが、舞台が日本に替わるといえども相手関係は決して楽ではない。

 何しろ凱旋門賞を優勝したアルピニスタの陣営がジャパンCへの参戦を示唆したからでもある。

 その一方で、同馬のオーナーであるカーステン・ラウジング氏は、参戦について英メディア『At the Races』に「勝てると思います」と自信を見せたものの、「G1での6勝を含めて10勝している彼女に、これ以上を求めるのは気が引ける」ともコメント。フランクフルトでの乗り換えに最低6時間以上も要するなど、日本への長旅も懸念しているという。最終的な結論はまだ出されていないが、気になる情報だ。

アルピニスタ以外もジャパンCに難敵

 とはいえ、凱旋門賞で5着に入ったグランドグローリーやニエル賞でドウデュースを破ったシムカミルの参戦は濃厚。24日にフランスの競馬専門紙「パリチュルフ」電子版が報じた内容によると、ニエル賞を回避して凱旋門賞で10着だったオネストも、ジャパンCへの参戦が正式に決定したようだ。

 現時点で少なくとも3頭の外国馬の出走が見込まれることは、国際厩舎の用意や1着賞金を3億円から4億円に増額したJRAの努力も追い風になったのかもしれない。

 そしてこれは、日本の競馬とは別競技と例えられることもある欧州の馬場で実績を残してきた馬が、高速馬場といわれるスピードタイプの日本の競馬場で、どのような走りを見せるのかにも大きな注目が集まるだろう。

 馬場の違いを言い訳にすることが出来ない条件で、再び外国馬の後塵を拝するようなことになれば、日本馬の凱旋門賞制覇は夢のまた夢ともなりかねない。

 そういう意味では、ドウデュースを始めとする日本勢としても、今年のジャパンCは例年以上に負けられない戦いとなりそうだ。

黒井零

黒井零

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

武豊「追い切り代わり」のリベンジ苦戦濃厚? アルピニスタ以外もジャパンCに難敵のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  3. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  4. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  8. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  9. JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】