GJ > 競馬ニュース > 残りわずか“マカヒキ世代”の激走に感動の声…JBCデーを盛り上げたOROカップ
NEW

残りわずか“マカヒキ世代”の激走に感動の声…JBCデーを盛り上げたOROカップ

【この記事のキーワード】, ,
残りわずかマカヒキ世代の激走に感動の声…JBCデーを盛り上げたOROカップの画像1
撮影:Ruriko.I

 11月3日、盛岡競馬場と門別競馬場で開催されたダート競馬の祭典・JBC。どちらの競馬場もあいにくの空模様となってしまったが、ダート界最高峰の戦いに多くのファンが熱視線を送った。

 2014年以来、8年ぶりの盛岡開催となった今年のJBC。もちろんメインの各競走も盛り上がりを見せたのだが、この特別な一日をより際立たせる一助となったのが、盛岡9Rに組まれた“芝のレース”だった。

 日本の地方競馬場で唯一、芝コースを有する盛岡だからこそできたこの取り組み。9Rに行われた『岩手県知事杯OROカップ』は地方のターフチャンピオンを決める芝・1700mの戦いで、本来であれば9月に開催される重賞競走である。

 それが今年はJBCが盛岡で開催されるとあって、同じく9月に開催されていた2歳の芝重賞『ジュニアグランプリ』とともにJBCデーに移動。この日の盛岡はJBCの3競走を含め、5レース連続で重賞が開催されるという魅力的なスケジュールが完成した。

各地区の“元JRA所属馬”たちが相次いで参戦を表明

 加えて、このチャンスを逃す手はないとばかりに、1着賞金も昨年の1000万円から3000万円に増額されていた。JRAのG3戦に迫る高額賞金となったことを受け、各地区の“元JRA所属馬”たちが相次いで参戦を表明。なんと14頭の出走馬のうち、11頭が元JRAのオープン馬という豪華なメンバー構成となった。

 中には昨年のサマー2000シリーズの覇者であるトーセンスーリヤや、2018年にステイヤーズS(G2)を勝ったリッジマン、さらには2016年にファルコンS(G3)を勝ったトウショウドラフタなど、JRAの芝重賞勝ち馬も5頭がエントリー。懐かしさを覚える馬名の数々に、ファンからは「同窓会のよう」といった声もあがった。

 レースはアトミックフォースが1番人気に応えて6馬身差の快勝。こちらはJRA時代にオープン勝ちこそなかったものの、2年前の新潟大賞典(G3)で2着、昨年もメイS(OP)で3着、その後のエプソムC(G3)でも5着と、直近まで芝のレースで活躍していた実力馬であった。

 2着のコズミックフォースも、昨年12月に大井の勝島王冠(重賞)を制すなど最近は地方のダートに活躍の場を移していたが、元は2018年にプリンシパルS(OP)を勝った元有望株だった。続戦した日本ダービー(G1)では16番人気で3着に食い込み、勝ったワグネリアンとはわずか0秒2差という激走。3連単285万円超えの大波乱の立役者となったのも印象深い。

 そして、彼らに続いて8番人気ながら3着に食い込み、波乱を演出したのが9歳馬のロードクエストだった。

 2015年の新潟2歳S(G3)では2着に4馬身差をつける圧巻のパフォーマンスを見せ、暮れのホープフルS(G2・当時)で2着と好走。3歳時にはNHKマイルC(G1)でも2着に入るなど、世代屈指の実力を見せたこの世代のスターである。

 その後も京成杯オータムH(G3)やスワンS(G2)で勝利を挙げ、JRAの芝重賞は計3勝をマーク。昨年の地方移籍後も盛岡でせきれい賞(重賞)とOROカップで芝の重賞を連勝したが、9歳となった今年は2戦して14着と12着。昨年勝利したせきれい賞でも大きく崩れ、さすがに衰えの色も隠せなくなっていた。

 ところが、この日は道中後方から向こう正面で一気に捲る積極的な競馬を見せると、4コーナー先頭で直線へ。アトミックフォースには突き放されたものの、最後まで懸命に走り抜いて3着を確保。大舞台で健在ぶりを見せつけた。

 何よりファンの心を震わせたのが、つい先日引退を発表したマカヒキとの縁だ。ロードクエストはマカヒキと同じ2013年生まれの牡馬で、2016年の皐月賞(G1)とダービーではともに競い合った戦友である。

 マカヒキもダービー馬としては異例とも言える長い現役生活を送っていたが、今年の10月25日に引退と種牡馬入りが決定。これで2016年の日本ダービー出走馬のうち、今なお現役を続けているのはこのロードクエストとエアスピネルの2頭だけとなった。

 この世代の筆頭株であるマカヒキは“引退レース”がない中でキャリアに幕を下ろしただけに、ファンからすれば消化不良だった部分もあったことだろう。そんな中で同世代のロードクエストが大きなレースに挑み、戦友の想いも背負ったかのような激走。その雄姿は大きな感動を呼んだ。

 先日の天皇賞・秋(G1)では3歳馬のイクイノックスが古馬の強豪を撃破し、ニューヒーローの誕生が話題になった競馬界。このJBCでも、レディスクラシックではヴァレーデラルナとグランブリッジの3歳馬コンビがワンツーフィニッシュを決め、クラシックでもクラウンプライドとペイシャエスの3歳馬2頭が2着・3着と先輩たちを相手に奮闘を見せた。

 新時代の到来を印象付ける出来事が続いている中、台頭する新星がいるということは、その陰には第一線から退く古豪もいる。そんな現実を突きつけられながら、それでも力の限り最後まで走り続けるベテランの姿は、また違った形で人々に勇気を与えた。

 まさに今年のJBCのテーマである「Get Emotion」を象徴するようなひと幕。OROカップ自体はJBC競走という括りには含まれないものの、このレースと“地方馬・ロードクエスト”の奮闘は2022年のJBCデーというひとつのお祭りを語るうえで欠かせないハイライトシーンとなった。

残りわずか“マカヒキ世代”の激走に感動の声…JBCデーを盛り上げたOROカップのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【クイーンS】ボンドガール武豊は「仲間外れ」の孤軍奮闘!? 「休み明け」C.ルメールは新潟ではなく札幌参戦
  2. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 武豊「マジック炸裂」も次走で鞍上問題発生!? 一撃“5億円”獲得「世代ナンバーワン牡馬」が参戦予定
  4. 重賞勝ち馬で「伝説」に匹敵のセントライト記念!? アルナシーム優勝で朝日杯が話題も…休養中の実力馬が秋の復帰に準備着々
  5. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  6. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  7. JRA「暑熱対策」に関係者からブーイング続出!?朝帰り避けられぬ可能性も…「遅過ぎる最終レース」に現場は戦々恐々
  8. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  9. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  10. 【クイーンS】藤田伸二を背に初重賞制覇を飾った「名牝」、今年の狙い目は武豊騎乗「恵量」の3歳馬?【東大式必勝馬券予想】