GJ > 競馬ニュース > 福永祐一「トリプル斜行」に巻き込まれ重賞30連敗…。7度目1番人気も痛恨不利
NEW

福永祐一「トリプル斜行」に巻き込まれ重賞30連敗…。7度目1番人気も痛恨不利

福永祐一「トリプル斜行」に巻き込まれ重賞30連敗…。7度目1番人気も痛恨不利の画像1
石橋脩騎手

 5日、阪神競馬場で行われたファンタジーS(G3)は、10番人気の伏兵リバーラ(牝2歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)が鮮やかな逃げ切り。今年の牝馬クラシックで二冠に輝いたスターズオンアースを手掛ける高柳瑞厩舎から、今年も有力牝馬が登場している。

 前走は好位から抜け出したリバーラだったが、この日はスタートを決めた石橋脩騎手が積極的にハナへ。幸い、強引に競り掛けてくる馬がおらず、すんなり先手を取ることができた。

 レース後、大穴で重賞制覇を飾ったジョッキーが「そういう作戦もありかなと思っていた」と振り返った通り、大胆な作戦が見事にハマった。最後の直線では外から上位人気馬が迫ってきたが、終わってみれば2着馬に1馬身1/4差をつける完勝だった。

 2018年のダノンファンタジー、19年のレシステンシアがここを勝って2歳女王に輝いている通り、やはり次走は阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)が濃厚だ。スプリンターのキンシャサノキセキの産駒だけに1ハロンの延長が課題だが、石橋騎手も「(距離は)こなしてほしい」と力が入っている。

 その一方で、まさかの10着に終わったのが、1番人気のアロマデローサ(牝2歳、栗東・池添学厩舎)だ。

 ちょうど1週間前に紫苑S(G3)を快勝したスタニングローズに呼応するような前走ききょうS(OP)の勝利は、まさに「バラ一族」の再興を印象付けるような完勝劇だった。勝ち時計の1:20.4はJRAの2歳レコードを更新。2戦2勝で迎えたこの日の重賞初挑戦は当然、来年のクラシックを見据えていたものだったはずだ。

「トリプル斜行」に巻き込まれ…

 しかし、迎えた最後の直線では他馬に挟まれる痛恨のアクシデント……。福永騎手が追う手を止めざるを得ないほどの大きな不利を受け、最後は流すようにゴールした。「コンディションも良さそうでしたし、道中もリズムよく走れて『これなら』と思っていたのですが」と振り返っている通り、消化不良の一戦となってしまった。

「ちょっと後味の悪いレースになってしまいましたね。最後の直線でサラサハウプリティが進路を求めて急激に外へ舵を切ったことで、アロマデローサの隣を走っていたコスモフーレイが反応。外側にいたブトンドールと挟まれるような格好になってしまいました。

3頭はその後ももみくちゃになりながらゴールしていますが、アロマデローサはそのアクシデントに巻き込まれる形で戦意喪失……。残念なレースになってしまいました」(競馬記者)

 記者が話す通り、レース後にはJRAからサラサハウプリティの菱田裕二騎手、コスモフーレイの和田竜二騎手、ブトンドールの鮫島克駿騎手の3人が「最後の直線コースで斜行した」として戒告や過怠金の処分に。

 そういった経緯もあってかレース後、ネット上の掲示板やSNSなどでは、やはりアロマデローサが受けた不利が話題に。1番人気が飛んだこともあって「納得がいかない」という声も散見された。

 また、今回は気の毒なレースになってしまったアロマデローサだが、次走で改めて期待できるかというと「そうでもないかも」という意外な答えが返ってきた。

福永祐一「トリプル斜行」に巻き込まれ重賞30連敗…。7度目1番人気も痛恨不利の画像2
福永祐一騎手 撮影:Ruriko.I

「不利を受けたアロマデローサですが、実はレース後に福永騎手が『(不利が)なくても、(上位に)来ていたかと言われると』と言葉を濁すシーンがありました。『勝負所でモタモタしていた』『今日は道中の進みも悪かった』と最後まで辛口でしたね。期待の裏返しかもしれませんが、次走で巻き返し必至かというと……」(別の記者)

 アロマデローサは奇しくも、勝ったリバーラと同じキンシャサノキセキ産駒。こちらも次走は阪神JFになる可能性がありそうだが、距離延長以外の課題が浮上してしまったのかもしれない。

 また、福永騎手はこれでJRAの重賞は30連敗。4月の皐月賞の勝利を最後に長いトンネルが続いており、7度目の1番人気を逃す格好になってしまった。この秋も南部杯(G1)勝利など交流重賞では大活躍だが、肝心の中央で結果が欲しい。

銀シャリ松岡

銀シャリ松岡

天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

福永祐一「トリプル斜行」に巻き込まれ重賞30連敗…。7度目1番人気も痛恨不利のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光