GJ > 競馬ニュース > 福永祐一「不屈のプロ根性」に絶賛の嵐!連日のアクシデントに見た名手の凄み
NEW

福永祐一「不屈のプロ根性」!連日のアクシデントに見た名手の凄み

【この記事のキーワード】, ,

福永祐一「不屈のプロ根性」に絶賛の嵐!連日のアクシデントに見た名手の凄みの画像1

 30日、東京競馬場で行われた5Rの2歳新馬は、福永祐一騎手の1番人気エメリヨン(牝2、美浦・加藤士津八厩舎)が中団から差し切り勝ち。米G2馬を母に持つ良血が見事な初陣を飾った。

 14頭立て芝1800mのレース。好スタートを決めたエメリヨンは、道中で中団外目を追走する。絶好の手応えで最後の直線に入ると、先に内から抜け出していたセイウンパシュートを外から交わし、最後は2着まで追い上げてきたココクレーターの猛追も封じ切った。

 ビッグレースで無いにもかかわらず、ゴール後には勝利したエメリヨンと福永騎手へ観客席から大きな拍手が沸き起こった。結果だけ見れば1番人気が順当に勝利しただけにも映るが、実はスタート前にちょっとしたアクシデントがあったのだ。

「人気を集めていたエメリヨンですが、発走前には何度もゲート入りを嫌い、他馬を待たせる場面がありました。挙句の果てに自ら大きく立ち上がり後方へ転倒すると、鞍上の福永騎手を振り落としてしまう事態に……。一歩間違えれば、競走除外になっても不思議ないアクシデントでしたよ」(競馬誌ライター)

 幸い人馬共に怪我はなく、その後エメリヨンは目隠しをして枠入りを済ませると、そのまま無事にスタート。発走前には落ち着かない様子を見せていたものの、レースは何事もなかったような快勝劇だっただけに、観客も大いに沸いたというわけだ。

 また福永騎手にいたっては、同日の天皇賞・秋(G1)で皐月賞馬ジオグリフの鞍上を任されていただけあって、振り落とされた際に肝を冷やしたファンも多かったのではないだろうか。激しく地面に叩きつけられたにもかかわらず、その後も冷静に対応して勝利へと導くのだから恐れ入る。

「不屈のプロ根性」に絶賛の嵐!

「実は福永騎手には前日にも似たようなことがありました。阪神の1Rでショウナンアキドンに騎乗していましたが、スタート直後に落馬してしまい競走中止に……。ここでも幸い怪我はなく、直後の2Rで予定通りパラシュラーマに騎乗すると、すぐさま勝利に導いていましたよ。福永騎手の並々ならぬタフさと責任感の強さを感じました」(同)

 連日のアクシデントに見舞われたものの、その直後にはいずれも騎乗馬を勝利へと導いた福永騎手。ネットの掲示板やSNS等でも「さすが福永」「本物のプロだ」など、ファンからは称賛の声が上がっていた。

 いくら体が無事だったとはいえ、落馬の直後でも冷静さを保ってすぐさま勝利できるのは、福永騎手が名手と言われる所以だろう。改めてトップジョッキーの凄さを目の当たりにした週末だった。

ハイキック熊田

ハイキック熊田

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

福永祐一「不屈のプロ根性」!連日のアクシデントに見た名手の凄みのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  3. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  4. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  8. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  9. JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】