GJ > 競馬ニュース > M.デムーロ「同棲効果」で早くも絶好調!? 大所帯の今年は例年凌ぐ旋風も
NEW

M.デムーロ「同棲効果」で早くも絶好調!? 大所帯の今年は例年凌ぐ旋風も

M.デムーロ「同棲効果」で早くも絶好調!? 大所帯の今年は例年凌ぐ旋風もの画像1
M.デムーロ騎手

 今年は例年以上の旋風が巻き起こるかもしれない。

 29日、東京4Rに行われた牝馬限定・2歳新馬戦は、M.デムーロ騎手の2番人気ルミノメテオール(牝2歳、美浦・金成貴史厩舎)が直線で鋭く抜け出して優勝した。

 15頭で争われた芝1400mの一戦。ルミノメテオールはスタートを決めると前から5番手を追走。馬群の中でも怯むことなく、4コーナーを回って最後の直線に入る。

 早めに進路を確保した鞍上のゴーサインに、最後は上がり3ハロン33秒6の切れ味を披露。末脚比べの展開を危なげなく押し切り、白星スタートを決めている。

「4角で少し狭くなるところもありましたが、それ以外は盤石といえる立ち回りでした。前半600mは37秒9の超スロー、ヨーイドンの競馬で後続に1馬身半差は決定的といえるのではないでしょうか。

なおルミノメテオールは、昨年7月の八戸市場において最高価格となる1210万円(税込)で取引されるなど、もともと評価の高かった馬。祖母ナイサーは愛1000ギニー(G1)の勝ち馬という良血でもあるため、この先も要注目の1頭でしょう」(競馬誌ライター)

 現時点で次走は未定とのことだが、管理する金成師はレース後「1600mくらいまでなら」と今後の見通しをコメント。さらに「ミルコが上手く誘導してくれたね」と鞍上の手腕を絶賛した。

「同棲効果」で早くも絶好調!?

 そのミルコ騎手はこの日、最初の騎乗となった3Rも1番人気に応えて優勝。続く4Rでも本馬を1着に導いて連勝を飾るなど勢いに乗っている。

M.デムーロ「同棲効果」で早くも絶好調!? 大所帯の今年は例年凌ぐ旋風もの画像2
C.デムーロ騎手 撮影:Ruriko.I

 その要因は、今週から来日し、さっそく同居を始めたという弟クリスチャン・デムーロ騎手の存在も多分にあるのかもしれない。

 昨年もデムーロ兄弟はクリスチャン騎手がジャパンC(G1)の週に来日すると、兄ミルコ騎手の家で同棲を開始。SNSなどには一緒にトレーニングをする様子や、仲睦まじく料理をする姿などが投稿されて話題を呼んだ。

 そんな“リラックス効果”もあってだろう、ミルコ騎手は共同生活スタートからわずか2週間後に阪神JF(G1)をサークルオブライフで優勝。暮れの東京大賞典(G1)ではオメガパフュームとのコンビで前人未到の4連覇を達成した。

 また、弟のクリスチャン騎手もグレナディアガーズの阪神カップ(G2)を含め、来日から1ヶ月で18勝を挙げるなど、兄弟揃って日本で大旋風を巻き起こしたのはまだ記憶に新しいところである。

「なんでも今年はクリスチャン騎手が母と妻、そして娘を連れて来日したため、兄ミルコ騎手の自宅において大所帯となる総勢8人での生活をスタートさせたようです。

家族と過ごす時間や絆を大切にするイタリア人のミルコ騎手にとっても歓迎でしょう。今年は例年以上の大活躍を見せてくれるかもしれませんね」(同)

 なお今年のクリスチャン騎手は、ホープフルS(G1)が行われる12月28日まで日本での騎乗を予定している。これから年末に至るまで、この陽気なイタリア人ジョッキーたちから目が離せそうにない。

M.デムーロ「同棲効果」で早くも絶好調!? 大所帯の今年は例年凌ぐ旋風ものページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  4. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  5. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃