GJ > 競馬ニュース > 合計「268万馬券」ファンタジーSの怪!? 96年創設から続く京王杯2歳Sとの関連とは
NEW

合計「268万馬券」ファンタジーSの怪!? 96年創設から続く京王杯2歳Sとの関連とは

合計「268万馬券」ファンタジーSの怪!? 96年創設から続く京王杯2歳Sとの関連とはの画像1

 5日に東京競馬場で行われた京王杯2歳S(G2)は、横山武史騎手の10番人気オオバンブルマイ(牡2、栗東・吉村圭司厩舎)が優勝。1番人気のロンドンプランをはじめ、単勝オッズ10倍未満の4頭がいずれも圏外に敗れたこともあって、三連単の払い戻しは222万円の大波乱となった。

 そんな東京競馬場での衝撃が冷めやらぬ中、その直後に阪神競馬場で行われたファンタジーS(G3)でも、石橋脩騎手の10番人気リバーラ(牝2、美浦・高柳瑞樹厩舎)が逃げ切り勝ちを決め、こちらも三連単46万馬券という波乱の結果に……。

 この日の東西両重賞は、いずれも大荒れの結末を迎えた。

 それでも、レース後には横山武騎手が「立ち回り次第ではチャンスがあると思った」と話せば、石橋騎手は「こういう作戦(逃げ)もあり」と一発を狙っていたかのようなコメント。どちらも低評価を嘲笑うかのような手綱捌きで、馬券を買っていた穴党にとっては痺れる様な展開だったのではないだろうか。

「268万馬券」ファンタジーSの怪!?

 なお前回、京王杯2歳Sで10番人気以下の二桁人気馬が勝利したのは2014年。実はこの年のファンタジーSも二桁人気馬が勝利する波乱の結果だった。前者を11番人気セカンドテーブル、後者を14番人気クールホタルビが勝利したが、まるで連動するかのようにそろって大波乱となっている。

 さらに2008年でも、京王杯2歳Sを14番人気ゲットフルマークス、ファンタジーSは13番人気イナズマアマリリスが勝利。二度あることは三度あるではないが、こちらもまるで歩調を合わせるように大波乱を呼んでいるのだから驚きだ。

「1996年に新設されたファンタジーS(G3)ですが、二桁人気馬が勝利したのは今年も含めて3回しかありません。偶然にも、その3回すべてで京王杯2歳Sも二桁人気馬が勝つ波乱の結果に終わっています。

かつては別々の日に行われていた2歳重賞ですが、奇しくも今では同日の東西メインを飾るレースになりました。もちろん、科学的な根拠はまったくないと思いますが、これで3度も同じことが起こっているだけに、来年以降も頭の片隅に入れておきたいジンクスですね。二桁人気が2レース続けて勝つだけに、見返りも大きいですよ(笑)」(競馬誌ライター)

 ちなみに来年も同日開催となることが予定されている京王杯2歳SとファンタジーS。あくまで偶然とはいえ、仮に京王杯2歳Sで二桁人気馬が勝利した際には、ファンタジーSでは二桁人気馬を頭に据えた馬券に軌道修正してみるのもありかもしれない。

ハイキック熊田

ハイキック熊田

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

合計「268万馬券」ファンタジーSの怪!? 96年創設から続く京王杯2歳Sとの関連とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光