GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「2歳王者弟」と4度目の正直へ!? 3馬身圧勝デビューも「次」で大苦戦
NEW

C.ルメール「2歳王者弟」と4度目の正直へ!? 3馬身圧勝デビューも「次」で大苦戦

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメール「2歳王者弟」と4度目の正直へ!?  3馬身圧勝デビューも「次」で大苦戦の画像1
C.ルメール騎手

 先週の天皇賞・秋(G1)は、イクイノックスとのコンビで見事な差し切り勝ちを決めたC.ルメール騎手。春クラシックではいずれも2着と惜敗が続いていたものの、目標としていた秋の大一番で最高の結果へ導くことに成功した。

 そんなイクイノックスの天皇賞・秋をはじめ、スターズオンアースのオークス(G1)制覇など、今年の3歳馬でその手腕を遺憾なく発揮したルメール騎手だが、来年のクラシックを見据える2歳馬においては、大物候補の敗戦が相次いでいる状況だ。

 これまで数々のG1馬を輩出した宝塚記念(G1)当日の新馬戦を快勝し、ファンの間で世代No.1との呼び声もあったカルロヴェローチェは、その筆頭だろう。

 新馬勝ちの際にはルメール騎手も「良い能力」「秋が楽しみ」と先を見据えていた逸材だったが、次戦の野路菊S(OP)で単勝1.5倍の圧倒的支持を受けるも、まさかのシンガリ負け。クラシック候補から一転、その評価は大きく下降してしまった。

 また、オークス2着のチェッキーノを母に持つ良血で、新馬を圧勝したノッキングポイントでも、先月のサウジアラビアRC(G3)で単勝1.4倍の断然人気に推されながら4着に敗戦。ノーステッキで楽勝した初戦とは対照的な姿に、「もう少し切れると思いました」と鞍上は肩を落としている。

 さらに先日にも、ラストクロップとなるディープインパクト産駒で3億円ホースのオープンファイアとアイビーS(L)に挑んだが、勝ち馬チャンスザローゼスに2馬身差以上をつけられる3着に完敗……。

 昨年はジオグリフで札幌2歳S(G3)、コマンドラインでサウジアラビアRC、イクイノックスで東京スポーツ杯2歳S(G2)を制するなど、大物候補の2戦目を順調にクリアしていったルメール騎手だが、現2歳世代においては打って変わって苦戦が続いている。

「2歳王者弟」と4度目の正直へ!?

 だが、そんな苦戦が目立つルメール騎手に、新たな希望の光が現れたかもしれない。それが、5日の2歳新馬を快勝したジェイパームス(牡2、美浦・堀宣行厩舎)である。

 昨年のホープフルS(G1)の覇者であり、6日のアルゼンチン共和国杯(G2)で上位人気を背負うキラーアビリティの弟にあたるジェイパームス。単勝1.4倍の断然人気に推されたが、その実力は期待通りのものだった。

 2番手から楽な手応えで最後の直線に入ると、早め先頭に立ち上がり最速33秒8の脚を使い後続を完封。2着に3馬身差をつける完勝を決めたのだ。

 レース後にはルメール騎手も「いい加速をしてくれた」「きれいな走りをします」と高評価。兄も早い時期から頭角を現していただけに、同馬への期待も自然と高まる。

 2歳世代での苦戦が続く中、新たな大物候補と巡り合うことに成功したルメール騎手。だが、肝心なのは「次」だろう。カルロヴェローチェ、ノッキングポイント、オープンファイアに続く「4度目の正直」に期待したい。

C.ルメール「2歳王者弟」と4度目の正直へ!? 3馬身圧勝デビューも「次」で大苦戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!