GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「2歳王者弟」と4度目の正直へ!? 3馬身圧勝デビューも「次」で大苦戦
NEW

C.ルメール「2歳王者弟」と4度目の正直へ!? 3馬身圧勝デビューも「次」で大苦戦

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメール「2歳王者弟」と4度目の正直へ!?  3馬身圧勝デビューも「次」で大苦戦の画像1
C.ルメール騎手

 先週の天皇賞・秋(G1)は、イクイノックスとのコンビで見事な差し切り勝ちを決めたC.ルメール騎手。春クラシックではいずれも2着と惜敗が続いていたものの、目標としていた秋の大一番で最高の結果へ導くことに成功した。

 そんなイクイノックスの天皇賞・秋をはじめ、スターズオンアースのオークス(G1)制覇など、今年の3歳馬でその手腕を遺憾なく発揮したルメール騎手だが、来年のクラシックを見据える2歳馬においては、大物候補の敗戦が相次いでいる状況だ。

 これまで数々のG1馬を輩出した宝塚記念(G1)当日の新馬戦を快勝し、ファンの間で世代No.1との呼び声もあったカルロヴェローチェは、その筆頭だろう。

 新馬勝ちの際にはルメール騎手も「良い能力」「秋が楽しみ」と先を見据えていた逸材だったが、次戦の野路菊S(OP)で単勝1.5倍の圧倒的支持を受けるも、まさかのシンガリ負け。クラシック候補から一転、その評価は大きく下降してしまった。

 また、オークス2着のチェッキーノを母に持つ良血で、新馬を圧勝したノッキングポイントでも、先月のサウジアラビアRC(G3)で単勝1.4倍の断然人気に推されながら4着に敗戦。ノーステッキで楽勝した初戦とは対照的な姿に、「もう少し切れると思いました」と鞍上は肩を落としている。

 さらに先日にも、ラストクロップとなるディープインパクト産駒で3億円ホースのオープンファイアとアイビーS(L)に挑んだが、勝ち馬チャンスザローゼスに2馬身差以上をつけられる3着に完敗……。

 昨年はジオグリフで札幌2歳S(G3)、コマンドラインでサウジアラビアRC、イクイノックスで東京スポーツ杯2歳S(G2)を制するなど、大物候補の2戦目を順調にクリアしていったルメール騎手だが、現2歳世代においては打って変わって苦戦が続いている。

「2歳王者弟」と4度目の正直へ!?

 だが、そんな苦戦が目立つルメール騎手に、新たな希望の光が現れたかもしれない。それが、5日の2歳新馬を快勝したジェイパームス(牡2、美浦・堀宣行厩舎)である。

 昨年のホープフルS(G1)の覇者であり、6日のアルゼンチン共和国杯(G2)で上位人気を背負うキラーアビリティの弟にあたるジェイパームス。単勝1.4倍の断然人気に推されたが、その実力は期待通りのものだった。

 2番手から楽な手応えで最後の直線に入ると、早め先頭に立ち上がり最速33秒8の脚を使い後続を完封。2着に3馬身差をつける完勝を決めたのだ。

 レース後にはルメール騎手も「いい加速をしてくれた」「きれいな走りをします」と高評価。兄も早い時期から頭角を現していただけに、同馬への期待も自然と高まる。

 2歳世代での苦戦が続く中、新たな大物候補と巡り合うことに成功したルメール騎手。だが、肝心なのは「次」だろう。カルロヴェローチェ、ノッキングポイント、オープンファイアに続く「4度目の正直」に期待したい。

ハイキック熊田

ハイキック熊田

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

C.ルメール「2歳王者弟」と4度目の正直へ!? 3馬身圧勝デビューも「次」で大苦戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”