GJ > 競馬ニュース > お手馬不在の今村聖奈に届いた「怪物」証明書!? 波乱の重賞ホースに大差負けの過去
NEW

今村聖奈に届いた「怪物」証明書!? 波乱の重賞ホースに大差負けの過去

【この記事のキーワード】, ,
お手馬不在の今村聖奈に届いた「怪物」証明書!? 波乱の重賞ホースに大差負けの過去の画像1
競馬つらつらより

 3日、地方競馬の祭典・JBC競走が開催され、門別競馬場で行われたJBC2歳優駿(G3)は波乱の結果となった。

 レースを引っ張ったのは2番人気のエコロアレス。2番手には1番人気の道営所属ベルピットがつける形で道中は進む。堅い決着もよぎった中、向こう正面で上がって行ったのは、中央勢のゴライコウ(牡2歳、栗東・新谷功一厩舎)。楽な手応えで4角も大外を回すと、そのまま2馬身半突き抜けた。

 ゴライコウと初コンビを組んだ、ホッカイドウ競馬の石川倭騎手は「馬の能力を信じて外に出した。追い切りにも乗って、癖をつかめていたので、自信を持って臨めました」とコメント。ジョッキーとしては“伏兵”という感覚はさらさら無かったのかもしれない。

 13頭中の単勝9番人気と人気薄だったゴライコウ。同馬は3戦目でようやく勝ち上がり、今回のレースに臨んでいた。だが、もし新馬戦に「あの馬」がいなければ、本馬の前評判も違ったものになっていたかもしれない。

 8月の新馬戦で後の重賞馬ゴライコウをあっさりと蹴散らしたのが、ヤマニンウルス(牡2歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。舞台は小倉競馬場。ヤマニンウルスは単勝2.7倍、ゴライコウは単勝5.9倍と、共に人気の一角に支持されていた。

 レースでは2番手につけたヤマニンウルスが、残り500mで逃げ馬を突き放すと一人旅に。中団馬群にいたゴライコウもどんどんポジションを上げていき、2着でフィニッシュした。

勝ちタイムは2歳小倉ダート1700mのニューレコード

 ただ、着順だけ見れば1着と2着だが、2頭のタイム差は「4.3秒」というあまりにも大きな差だった。

 また、ヤマニンウルスの勝ちタイム1:44.3は、2歳小倉ダート1700mのニューレコード。2着との着差もJRAの平地戦としては史上最大で、同馬のパフォーマンスは高く評価されていた。しかし、4着馬とは5.4秒、5着馬とは6.4秒差ともなれば、メンバーレベルに疑問の声があがるのも自然なこと。今回のゴライコウの勝利により、ヤマニンウルスには箔が付いたと言ってもよいだろう。

お手馬不在の今村聖奈に届いた「怪物」証明書!? 波乱の重賞ホースに大差負けの過去の画像2
今村聖奈騎手 撮影:Ruriko.I

 またゴライコウの重賞勝ちは、ヤマニンウルスの新馬戦で鞍上を務めていた今村聖奈騎手にとっても嬉しい知らせとなるかもしれない。

「今村騎手は先週までに中央で47勝していますが、そのうち45勝が平場でのものです。昇級戦で継続騎乗しているケースは多いものの、そのほとんどがクラスの壁に阻まれています。数少ない連勝馬のイプノーズとオースミメッシーナも、今週のレースで川田将雅騎手と松山弘平騎手に乗り替わりとなってしまいました。

重賞でもスポット騎乗が多く、現状お手馬と言えるのはファンタジーS(G3)に参戦したミカッテヨンデイイくらいかも。もし、ヤマニンウルスに今後も騎乗できるのなら、初のお手馬での重賞勝利ということもあるかもしれませんね」(競馬誌ライター)

 そんなヤマニンウルスの次走・鞍上はともに未定。初戦のあと、『デイリースポーツ』の取材に斉藤調教師は「そのうち芝を使いたいが、もう少ししっかりしてからかな」と話しており、成長次第ではクラシック路線を目指すという展開も期待できそうだ。

 今村騎手は通算勝利数が51に達したことで、今週からマイナス3kgでの騎乗となっている。ステップアップに伴い条件は厳しくなるが、ヤマニンウルスの継続騎乗を掴み取れるよう、これまで以上の活躍を目指してほしい。

今村聖奈に届いた「怪物」証明書!? 波乱の重賞ホースに大差負けの過去のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは