GJ > 競馬ニュース > C.デムーロ「雪辱」の時来る!? キズナ、ウオッカ輩出レースで2歳チャンプへ名乗り
NEW

C.デムーロ「雪辱」の時来る!? キズナ、ウオッカ輩出レースで2歳チャンプへ名乗り

C.デムーロ「雪辱」の時来る!? キズナ、ウオッカ輩出レースで2歳チャンプへ名乗りの画像1
C.デムーロ騎手

 13日、阪神競馬場で行われた9Rの黄菊賞(2歳1勝クラス)は1番人気セブンマジシャン(牡2、栗東・高野友和厩舎)が優勝。叔母にクロノジェネシスやノームコアなどのG1馬を持つ良血が、デビュー戦に続き連勝を飾った。

 午前中から降り出した雨の影響により、重馬場で行われた9頭立て芝2000mの一戦。前走はスタートを決めて2番手からレースを進めたセブンマジシャンだったが、今回は鞍上を務めたC.デムーロ騎手が「ゲートで寄られて後ろからになった」と振り返った通り、最後方からの競馬を余儀なくされてしまう。

 それでも、鞍上が「切り替えて徐々にポジションを上げていった」と話したように、3コーナーを過ぎた辺りから少しずつ追い上げを開始。大外を回って最後の直線に入ると、前にいた各馬を並ぶ間もなく交わし去り、最後は追いすがってきたビューティーワンも振り切って1着でゴールした。

「最終コーナーでC.デムーロ騎手が大外に回した際はまだ後方にいましたし、内にいた馬との距離ロスもかなりあったので、正直あそこからでは届かないだろうと思っていました。

ですが、終わってみれば3着以下に約5馬身差をつける圧巻の内容。直線で追い出された後の加速は群を抜いていて、新たなスター候補が現れたと言っても良いのではないでしょうか」(競馬誌ライター)

 この黄菊賞の勝ち馬には、皐月賞(G1)や有馬記念(G1)で2着したトゥザワールド、日本ダービー(G1)を制したキズナがいる。また敗れた馬のなかにも、G1・7勝のウオッカ、ヴィクトリアマイル(G1)を連覇したヴィルシーナ、大阪杯(G1)を制したポタジェがいるなど、ちょっとした出世レースでもある。

 レース後には、ネットの掲示板やSNS等でも「強い」「化け物だ」など内容を評価する声もあれば、「クラシック候補」「G1級」のようなポテンシャルに期待を寄せる声も多く上がっていた。

C.デムーロ騎手「雪辱」の時来る!?

「次戦はまだわかりませんが、新馬が1800m、今回が2000mでの勝利だったことを考えると、次は1600mの朝日杯フューチュリティS(G1)というよりは2000mのホープフルS(G1)が濃厚です。

奇しくも昨年、黄菊賞を勝ったジャスティンパレスとのコンビでホープフルSに挑んだC.デムーロ騎手ですが、惜しくも2着に敗れています。今年も同レースの勝ち馬セブンマジシャンと臨むことになれば、雪辱を果たすチャンスとなりそうです」(同)

「能力のある馬。今後が楽しみ」

 レース後には、無傷の2連勝を決めたセブンマジシャンをそう称えたC.デムーロ騎手。果たして同馬とのコンビで、昨年の雪辱を期すホープフルSへの参戦はあるだろうか。今後の動向に注目したい。

C.デムーロ「雪辱」の時来る!? キズナ、ウオッカ輩出レースで2歳チャンプへ名乗りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル