GJ > 競馬ニュース > 武豊「待望論」が浮上!? レジェンドも評価する逸材がまたも足踏み…
NEW

武豊「待望論」が浮上!? レジェンドも評価する逸材がまたも足踏み…

武豊「待望論」が浮上!? レジェンドも評価する逸材がまたも足踏み…

 19日、阪神競馬場で行われたアンドロメダS(L)は5番人気のマテンロウレオが優勝。骨折明けとなった約半年ぶりの一戦で、きさらぎ賞(G3)以来の3勝目を飾った。

 レース後には、鞍上の横山典弘騎手が「強かったです。休ませて気持ちの面が良くなりました」と精神面の成長を評価。春は皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)でいずれも二桁着順に敗れたものの、陣営の懸命な立て直しが復活勝利へと結びついた。

 そんなマテンロウレオと同様に、復活を期待されながら惜しくも2着に敗れたのが、1番人気を背負ったディープモンスター(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 11頭立て芝2000mのレース。手綱を取った岩田望来騎手が「良い感じでスタートを切って、良いポジションで競馬ができました」と振り返った通り、スタートを決めたディープモンスターは道中で中団外目の6、7番手を追走する。

 ただ、「3、4コーナーでは外々を回る形になりました」と鞍上が話したように、距離的なロスが勝敗に影響したかもしれない。結局、マテンロウレオを最後まで捕まえることが出来ず、前走に続き再び2着に敗れた。

 今年、これで3連敗となったディープモンスター。昨年の菊花賞(G1)で5着した際には武豊騎手が「これからが楽しみ」と期待を寄せた逸材だったが、その後は重賞どころかオープンクラスで思わぬ足踏みが続いている。

 今回は前走の丹頂S(OP)で2着に導いた川田将雅騎手が、同日の東京スポーツ杯2歳S(G2)でダノンザタイガーに騎乗するとあって、岩田望騎手へ乗り替わり。以前主戦を務めていた武豊騎手も、この日はブラックマジックに騎乗していた。

 1番人気で2着なら決して悪い結果ではない。しかし、ディープモンスターは3歳春のすみれS(L)を最後に勝利から遠ざかっている。今後、重賞やG1を見据えるには賞金的に厳しい立場であり、だからこそ岩田望騎手には“必勝”が求められていた。

 レース後、「しっかりと頑張ってくれた。噛み合えばやれる」と相棒を評価した岩田望騎手だが、そういった事情を抱えていたディープモンスターだけに一部のファンは納得できなかったようだ。

 メインレースの1番人気だっただけにレース後、ネットの掲示板やSNS等では様々意見があったが、中でも「なんで武に戻らなかった?」「武さんに乗ってほしかった」など、ディープモンスターと武豊騎手のコンビ復活を望む声が多く上がっていた。

「賞金面で苦しい立場で、年明けにはダートのすばるS(L)に除外狙いで登録するなど、なんとか出たいレースの出走権を確保しようと、陣営も四苦八苦しているようですね。それだけに1番人気だった今回は1着が欲しかったと思います。

ファンが武豊騎手との再コンビ結成に期待しているのは先日、今のディープモンスターと同じような境遇だったアドマイヤビルゴの勝利が大きく影響しているかもれしれません。

この馬も武豊騎手が主戦を務めていて、カシオペアS(L)で再びコンビを結成した馬でした。2年前のアンドロメダSを最後にしばらく勝利から遠ざかっていましたが、武豊騎手がデビュー以来初となる逃げの手に出る奇策で勝利。

周囲の期待が大きい分、ここのところ歯痒い思いをしているディープモンスターだけに、この馬のことを一番知っているジョッキーに新味を引き出してもらいたいと思うファンも少なくないのかもしれません」(競馬誌ライター)

 先月のカシオペアSで話題の大物プログノーシスを抑えて復活勝利を飾った武豊騎手には、ネット上からも多くの称賛が寄せられていた。かつてクラシック候補と謳われながら、1年半以上も勝利がないディープモンスター。復活勝利の鍵を握るのは、元相棒なのかもしれない。

ハイキック熊田

ハイキック熊田

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

武豊「待望論」が浮上!? レジェンドも評価する逸材がまたも足踏み…のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!