GJ > 競馬ニュース > 武豊ジェラルディーナの「早仕掛け」に賛否両論!? 先行馬総崩れの展開に「もうワンテンポ待っていれば」の声も
NEW

武豊ジェラルディーナの「早仕掛け」に賛否両論!? 先行馬総崩れの展開に「もうワンテンポ待っていれば」の声も

【この記事のキーワード】, ,
武豊ジェラルディーナの「早仕掛け」に賛否両論!? 先行馬総崩れの展開に「もうワンテンポ待っていれば」の声もの画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 25日に行われた宝塚記念(G1)は、ファン投票1位イクイノックスが断トツの1番人気に応えて優勝。国内外でG1・4連勝を達成するとともに、現役時代このレースで2度とも敗れていた父キタサンブラックの無念を晴らした。

 海外帰りで難しい調整を強いられていたこともあってだろう、鞍上のC.ルメール騎手も今回ばかりはプレッシャーがあったようだ。レース後には「今日は(ロンジンワールドベストレースホースランキングで)世界一の馬が勝つことができて、よかったです。安心しました」などと、安堵のコメントを残している。

 一方で、武豊騎手との新コンビで臨んだ昨年のエリザベス女王杯(G1)覇者ジェラルディーナ(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)は、3番人気に推されたものの4着に終わった。

 11番枠からスタートした人馬はレース前半、後ろから3番手あたりでじっくりとレースを運ぶ。3コーナーで一気に進出を開始すると、前から3番手付近までポジションを上げて最後の直線に入る。

 レジェンドの右ステッキに応えてジェラルディーナは一瞬、先頭に立ちそうなシーンも見られたが、外からイクイノックスに交わされると万事休す。最後はスルーセブンシーズ、ジャスティンパレスにも差されて力尽きた。

「3コーナーでスパートしたものの、一気にまくりきらずに好位で一旦脚を溜め、直線に向いてからもう一度脚を伸ばすという二段階スパートのような形になりました。武豊騎手らしい巧みな乗り方だったと思いますが、最後は力負けだったでしょうか」(競馬誌ライター)

 ジェラルディーナの母ジェンティルドンナは国内外でG1・7勝を挙げたものの、宝塚記念は2度挑戦して勝つことができなかった。娘にリベンジを期待する声もあったが、惜しくも勝利とはならなかった。

「もうワンテンポ待っていれば」の声も…

 またレース後のSNSなどでは、一部ファンの間で武豊騎手の仕掛けのタイミングについて賛否両論があったようだ。

 前半1000m通過が58秒9という先行勢がほぼ総崩れとなった流れの中を、3コーナーから動いていったからだろう、「ちょっと仕掛けが早すぎたのでは」「もうワンテンポ待っていれば馬券圏内もあった」といった否定的な声が上がれば、「切れる馬じゃないから、あそこで動いたのは正解」「まさに勝ちに行った競馬だった」など肯定的なコメントも寄せられていた。

 道中でジェラルディーナより後ろを追走し、仕掛けをより我慢していたイクイノックスとスルーセブンシーズの2頭が結果的にワンツーフィニッシュを決めたことも、議論を深める形となったのかもしれない。

 ただ、武豊騎手はレース後「3コーナーから自分でハミを取ったので無理に抑えずポジションを上げて、直線に向いた時は勝てるかと思いました」と、あくまでも馬の行く気に逆らわない騎乗をした旨のコメントを残している。

 さらにレジェンドはジェラルディーナについて「まだレース中に気持ちの波がある」とメンタル面の課題についても付け足していた。同馬はこの日、パドックでもかなり発汗が目立っており、精神的にやや難しい部分も出たか。

 結果的に人気を下回る形となってしまったが、同馬の走破時計は2分11秒4であり、芝2200mの自身最速タイムで走り切っている。

 もともとジェラルディーナには団野大成騎手が乗る予定であり、武豊騎手は急遽のコンビ結成だったものの、見せ場は十分に作った。継続騎乗となるようであればリベンジに期待したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊ジェラルディーナの「早仕掛け」に賛否両論!? 先行馬総崩れの展開に「もうワンテンポ待っていれば」の声ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安