GJ > 競馬ニュース > ライバルの引退撤回で「世界最高賞金争い」がますますヒートアップ!
NEW

ライバルの引退撤回で「世界最高賞金争い」がますますヒートアップ!安田記念優勝ロマンチックウォリアーに難敵…「イクイノックス超え」2頭の対決にファン興奮

安田記念でナミュールに騎乗した武豊騎手 撮影:Ruriko.I
安田記念でナミュールに騎乗した武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 日本のファンにとっても非常に興味深い対決となりそうだ。

 4日、『HK Racing – SCMP(@SCMPRacingPost)』がXで「Golden Sixty to be kept in training until next season: ‘He still wants to race’( ゴールデンシックスティは来シーズンまでトレーニングを続ける予定。彼はまだレースに出たいと思っている)」と報じたことが話題となっている。

賞金でイクイノックスを超える2頭の賞金争いに注目

 ゴールデンシックスティといえば、賞金総額1億6700万香港ドル(約33億4000万円)を誇る香港最強マイラー。日本は22億1544万6100円のイクイノックスを抜いたウシュバテソーロが22億1567万8200円で1位だが、それより10億円以上も上回っているのだから驚きだ(2024年6月4日現在)。

 ただ、これを無視できないのはロマンチックウォリアーの陣営だろう。

 日本のライバルを圧倒して先週の安田記念(G1)を優勝した本馬は、900万香港ドル(約1億8000万円)を獲得。総獲得賞金は1億5100万香港ドル(約30億2000万円)となったばかり。歴代獲得賞金世界一のG1・10勝馬ゴールデンシックスティとG1・8勝馬で現在 5連勝中のロマンチックウォリアーという異次元の戦いとなっている。

 2年ぶり3度目の優勝を決めた昨年の香港マイル(G1)前にオーナーサイドから残り3戦で引退し、日本で余生を送るという話も出ていたゴールデンシックスティ。香港スチュワーズC(G1)を軽度の脚部不安で回避する誤算はあったものの、断然人気を集めた香港チャンピオンズマイル(G1)で4着に敗れたのは、陣営にとっても想定外だったのかもしれない。

「引退撤回は驚きましたがゴールデンシックスティの8歳という年齢的な側面を考えた場合、まだ6歳のロマンチックウォリアーに分がありそうです。安田記念後のローテーションは未定ですが、天皇賞・秋やジャパンCに香港Cなど高額賞金のG1も視野に入るだけに、世界最高賞金争いはますますヒートアップしそうです。

ゴールデンシックスティ陣営としても、何とか1位のまま引退したいという意図もあるはず。後ろから迫りくるライバルの足音が徐々に大きくなってきたため、悔いを残したくないといったところでしょうね。これには競馬ファンも盛り上がっていました」(競馬記者)

日本馬歴代獲得賞金1位のイクイノックス 撮影:Ruriko.I
日本馬歴代獲得賞金1位のイクイノックス 撮影:Ruriko.I

ハイレベル香港競馬から目が離せない

 その一方で、香港競馬のレベルの高さを見せつけるのが、そのゴールデンシックスティやロマンチックウォリアーを負かしている馬がいる点だ。

中でもロシアンエンペラーは面白い1頭である。実はこの馬、2022年の香港ゴールドC(G1)でゴールデンシックスティ(3着)、2023年のチャンピオンズ&チャターC(G1)でロマンチックウォリアー(2着)を撃破した実績を持っている。近走の成績は振るわないものの、G1・4勝の実力馬である。

 近年は香港馬の来日もなく、世界最強馬の称号を得たイクイノックス一色ムードの日本だったが、高松宮記念(G1)でビクターザウィナーが3着に好走しただけでなく、安田記念のロマンチックウォリアーでもレベルの高さを証明した。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ライバルの引退撤回で「世界最高賞金争い」がますますヒートアップ!安田記念優勝ロマンチックウォリアーに難敵…「イクイノックス超え」2頭の対決にファン興奮のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り