GJ > 競馬ニュース > 「評価急落」D.レーンに関係者からもブーイング!? 不振続きに “もうダメやん”の声も…「乗り換え」候補にゴールデンシックスティ主戦が急浮上
NEW

JRA「評価急落」D.レーンに関係者からもブーイング!? 不振続きに “ダメやん”の声も…「乗り換え」候補にゴールデンシックスティ主戦が急浮上

【この記事のキーワード】, ,

JRA「評価急落」D.レーンに関係者からもブーイング!? 不振続きに もうダメやんの声も…「乗り換え」候補にゴールデンシックスティ主戦が急浮上の画像1

 4月30日から6月28日まで短期騎手免許を交付されているD.レーン騎手。初来日を果たした2019年、オーストラリアの若武者は特例で騎乗した有馬記念(G1)を含め、重賞7勝(うちG1・3勝)の“レーン大旋風”を巻き起こした。

 しかし、鳴り物入りで日本での騎乗を再開したレーン騎手だが、ここ2週間の騎乗を見る限りは鳴かず飛ばずといった成績に留まっている。

 近年はコロナ禍の影響もあり、来日は2年ぶり。外国人騎手トップの実績を持つC.ルメール騎手の不振も相まって、ファンや関係者から大きな期待を背負っていたものの、まだ重賞勝ちはなし。青葉賞(G2)のレヴァンジル、京都新聞杯(G2)のブラックブロッサムは共に1番人気で5着、先週のNHKマイルC(G1)も2番人気インダストリアで5着と精彩を欠いた。

 外国人騎手イコール腕達者といったイメージも根強いため、過剰人気だった可能性もあったとはいえ、大活躍をしたかつての姿には程遠い印象も否めない。

「評価急落」D.レーンに関係者からもブーイング

 これに対し、現場のトラックマンや同じレースで騎乗した騎手から、早くもレーン騎手へのブーイングも出始めているようだ。

「初年度こそがむしゃらに乗って結果を出していましたが、最近はノーザンファームサイドがいい馬を用意するのが当たり前のような感じ。力のある馬でも口向きが悪かったりするとFから始まるNGワードを連発したり、いかにも機嫌が悪そうにしていますよ。そこら辺はまだ20代だなと感じますね」(関東のTM)

 また、周りの日本人騎手も以前との違いを指摘する。

 ポジションを取りに行く姿勢はいいのだが、早めに動いて最後に差される競馬が目立っていることに対し、最初の週から毎回同じ事を繰り返しているという声も……。

「先週だと身元引き受け厩舎の堀宣行厩舎のディオスバリエンテが典型。早めに抜け出して内によれ、この馬をマークしていた横山武史騎手に交わされる始末。前に行っていた組は明らかに力不足でしたから、もう少し後ろの組を意識した方が良かったですよね。しかもディオスバリエンテは気性的に難しい面があるので、1頭になると余計に気を抜いたり、モタれたりするでしょうから」(関東の騎手)

 この敗戦の反省が悪い方に作用したのがその後の10Rだという。レーン騎手が騎乗したヴァイスメテオールは、先頭を伺う態勢に入ると、後続の脚音や声掛けを無視してどんどん馬を外に誘導して進路を塞いでいったという。

「福永祐一騎手と岩田望来騎手の馬への影響は大きかったですし、少し不利を受けたとアクションを起こせば騎乗停止になるレベルでした。多分、福永騎手は冷静に乗れていたから、レーン騎手が外から来るのを分かっていたので大事にはならなかったのでしょう。

それくらい周りの騎手からはふらふらしたり、危ない騎乗をすると思われていますし、1年目の新人が乗っているのかと感じましたね。レース後の検量室では、あの着差だけに何で審議にすらならないのって声が多かったです」(同)

 おそらく福永騎手も思うところはあっただろうが、相手がお世話になっている木村哲也厩舎で、自身も有力馬を任せてもらっているノーザンファームの馬ということもあり、あまり強く言えなかったのかもしれない。

 結局、レーン騎手にはJRAから外側に斜行したことについて過怠金5万円と、最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について戒告の処分が下された。ネットの掲示板やSNSなどでは、“ダメやんレーン”と揶揄されつつあるだけに、こういった状況が続くようなら、このまま並の外国人騎手と同じ扱いとなりそうな雰囲気である。

 そんなレーン騎手にとって、さらに立場が危うくなりかねないライバルの名前も急浮上したらしい。関係者の話によると、夏頃には香港のC.ホー騎手が短期免許を取得予定で、秋の来日を予定しているとのこと。

 香港最強馬ゴールデンシックスティの主戦としても知られる同騎手は、ノーザンファーム生産馬のラヴズオンリーユーで、昨年のクイーンエリザベス2世カップ(香港・G1)を勝利に導いたブレイク中の騎手。常に高みを目指すノーザンの方針からすれば、結果の出せないレーン騎手に早々と見切りをつけて、次の主戦候補を探す動きが出てくる可能性も十分にあるだろう。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA「評価急落」D.レーンに関係者からもブーイング!? 不振続きに “ダメやん”の声も…「乗り換え」候補にゴールデンシックスティ主戦が急浮上のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か