GJ > 競馬ニュース > 「何がしたかったんですかね」調教師も呆れた裏事情
NEW

お騒がせストライキに崩壊の足音…ダービー前に強行もあっけなく妥結…「何がしたかったんですかね」調教師も呆れた裏事情

【この記事のキーワード】, ,
横山典弘騎手とダノンデサイル 撮影:Ruriko.I
横山典弘騎手とダノンデサイル 撮影:Ruriko.I

 9番人気の伏兵ダノンデサイルと56歳の大ベテラン横山典弘騎手のコンビが波乱を演出した今年の日本ダービー(G1)だが、その前日に労組によるストライキが行われていたことについて触れておきたい。

 昨年に続くストライキということもあり、長引くことも考えられたものの、週明けにはすんなりと妥結。年に一度の競馬の祭典で盛り上がりを見せていた時期だけに、早期の決着はJRAとしても有難かっただろう。

 ストライキによる人員不足に奔走する厩舎関係者の姿は昨年同様だったが、現場をよく知る関係者からは不満の声も聞こえた。

担当馬やファンを置き去りにした印象悪く…

 労組は組合員に対してストライキを破ったら除名すると強気な姿勢を見せたが、調教師同士で助け合ったり、除名覚悟で仕事に取り組む人もいたように、何とか開催を滞りなく終えることに成功した。ただ、今回のストライキはトレセン業務も含まれており、管理馬の調教や餌やりや寝わら上げなどが出来ずに支障が出た部分もあったという。

「ストライキの行使は持っている権利だから文句は言いませんが、自分の管理馬の業務を放棄するというのは呆れましたね。馬に食わせてもらっているのに、餌や水やりを拒否した訳ですから競馬人としては失格だと思います。そして週明けにはすぐに妥結でしょう?何がしたかったんですかね」(某調教師)

 また、関東と関西でも温度差があったらしく、関西の方は全体的に稼げている事もあって穏やかだったのに対し、関東の方では組合に属している者からも組合の対応に批判が噴出。今回の件で組合を脱会する人もいたらしい。

「毎月、組合費として給料から数千円を徴収されていて、その中からレクリエーション代などを捻出していました。組合として役割を果たしていれば文句は出なかったと思いますが、今回に関しては週明けにはすぐに妥結しており、ポーズだけというのが明らかになってしまいました。

本当に待遇を改善したいのなら断固とした姿勢でストライキを継続するべきですが、結局のところ調教師や馬主サイドから足元を見られていました。それが明確になった以上、加入する意味がないと抜ける動きが活発化しています。これまで集めた組合費も不明瞭な部分があり、幹部や書記長などの責任を問う声も出ていますし、実質的には組合は崩壊に向かっています。現幹部が責任を負わない限りは難しいでしょう」(某厩舎関係者)

 いずれにしてもストライキの行使は関係者のみならず、開催の有無を懸念するファンにとってもいいイメージはない。もちろん、双方が折り合いのつく形で収束することは望ましいが、来年はこういったトラブルを気にすることなく、純粋に競馬を楽しみたいものである。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

お騒がせストライキに崩壊の足音…ダービー前に強行もあっけなく妥結…「何がしたかったんですかね」調教師も呆れた裏事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り